人気ブログランキング |

Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

アッパートルボ 8

8月31日 サンダ 休養日

朝までぐっすり寝た。
なんとか頭痛はなくなったがちょっと余韻残る。
バラサーブが、珈琲を持っていきてくれた。
ゴーかいなテントにノック?
「おい、大丈夫か? ほれ!」 
お〜〜、かっこええ〜〜、ありがとうーございます〜いただき!!
それからパンケーキを食べて昼まで自由行動。
一人で行こうかと思ってたとこ、Tさんが誘ってくれた。
京大卒のTさんは、物知り博士みたいで、お喋りも面白く色々と細かい。
私のこの性格を心配してくれたのかな??と、思いつつ、、ついていく。
ペースが違うから悪いなーと、思うのだけど高所だからペースはあげない。
いつものようにマイペースで歩く、写真を撮る。
ちっちゃい花が可愛いです〜
e0111396_18221717.jpg

e0111396_18235240.jpg

で、あれ、細かいとこ誰かさんと似てるな〜と思いながら、、、普段注意されまくってる日常生活を思い出した。
で、、アイゼンをなくしたこと、オコラレルよ、、、、、、、、あーーどうしよーーって、頭の中でグルグル回ってた。
自分が悪いから仕方ないけどな、、、、ああああああああああああああああああ・・・・・・・
3900mくらいだったかな、ある程度高度上げたからそろそろ帰るか?って、ことで、帰ってたらバラサーブに会う。
バラサーブのコメントは本よりわかりやすく、面白い。
ここサンダの歴史を教えてくれた。
旧村の左、見ると滝のような川の流れの跡がある。それはそこで生活があったことを意味している。
その川から畑の水をひいていた。
しかし、今はその水がなくなり今の地へと移動した。
その旧村は、一番日射時間が長い。
山の南面に、そして南東に位置してる。
すっげーーーの一言、人間の知恵が自然との共存というのがここにあった。
そして、ここは冬村、また夏になると移動する。
ほ〜〜〜、感心させたれる。
e0111396_18403494.jpg

ずっと西に進み、チョルテンまで行く
稜線がスパットしてる、冬になるとここはどうなるのだろうか?雪だろうな。。。
そこからサンダの村、谷を眺める。
そのチョルテンは、赤、黒、白、祈祷らしい。
なかなかの眺めた。
その帰り、みんなは帰ったが私はゆっくりしてた。
サンダ村へ少しお邪魔させてもらう。
一人のタカリー女性が近づいてくる。
こっち、こっち〜、こっちへおいでよ〜!(たぶん、、、)
お金欲しいんかな?なんだろ?トルボだし、それは違うかな〜。
ま、昼間やし、トルボやし、ついて行ってみよう!
家に入れてもらって、写真撮らせてもらって、いろんな部屋を見せてくれた。
言葉わからんけど、雰囲気で喋り10分ほどで出る。
e0111396_18231963.jpg

写真渡しに来れたらいいねんけどなーー、トルボはなかなか難しいよな。。。
っで、バイバイして、トボトボ歩いてると洗濯してるばーちゃん集団?にあう。
e0111396_18251223.jpg

っで、馬方はヤギの解体をしていた。5000RS(1万円)
e0111396_1834187.jpg

この時、まだ馬方達とそんなに喋ってない。
だからどこか遠くから見てるような感じだった。
テント場に戻ると発電機を直してた。
大人6人もいれば、しかもおじ様、直すだろうっと、私は思った。
っで、やっぱり直った。すっげーー60代はつおいーー!
なんでも自分で作る時代だったもんな〜と、勝手に想像する。
それからお茶したり、テントで休んだりしてたら、おーーーーきったーーめっちゃええ感じーー!
って、飛んでテントに帰ってカメラを出す。
e0111396_18291181.jpg

うわーーーー!
e0111396_18295557.jpg

そしてKさん兄が鷲を見たというので、今度はTさんとカメラ持って撮りに出た。
うわ^−^−なんか、こういうのん、楽しいわ〜〜っと、私はニヤケテタ^^
おるかなーー、おるかなーー、どこやろ〜〜!
さっき行ったチョルテンのあるとこまで行ってみる?とか、言いながら、あれそうちゃう?
Tさんが見つけた。
私も最初は思ったが動かへんし、石みたいやで、、って、思った。
e0111396_18275023.jpg

がーーー、300mmのレンズに変えて見たら、おーーおったーー!!すっごい!
かっこええーーですよーーーやばいですーー!
Tさんも興奮ぎみ〜!
で、もっと近づきましょーーって、ことで、稜線の先まで行く、そして、もっと行きましょよーーって、
ことで、、そこを降りる、、静かに静かに、、まだいける、まだいける。
あ、あの道っぽいとこまでいきましょよーーーーって、ことで、私は強引?やったかな、、笑
一本撮りまくり、空が青かったらコントラストがやばかったけど、グレーの空でもかっこよかったです。
e0111396_1832654.jpg

上昇気流で飛んでるってことは、自分では飛べないん???わからん、、ちょっと調べてみたら狼も襲うらしく、
e0111396_1833271.jpg

全長はオス約81cm、メス約89cm、翼開長は2mに達する!デッカイです!

チャンタンの蒼い空 西チベット学術登山隊2004年全記録によると、、
葬儀の習慣について聞いたとこ、夏の間は火葬、冬は水葬。
鳥葬の習慣は、もうないとのことでした。
水葬と言っても、村の北側から断崖からキャルパンコーラに落とすだけ。

これかーー、ここかーー、バラサーブが崖葬があるねん、、って、
言ってたことを思い出した。
by talkeetna6194 | 2007-12-05 18:25 | トランスヒマラヤ
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30