人気ブログランキング |

Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

2007年 〜旅の日程&旅のこだわり〜

8月25日〜10月4日までネパール旅行の為、お休みさせて頂きます。
今回は、私の旅が始まってから「最大のこだわりの場所」になります。
単独では許可が下りないのでずっと夢見てた場所でしたが、
この度、大阪山の会西北ネパール登山隊に参加させて頂けることになりました。
登山隊の活動前半の「カンテガ峰(6160M)」に登り、「河口慧海師足跡」の再調査に参加します。

旅して11年目、私の最大の聖地へと辿りつきました。
毎年の長期休暇を頂けるのも皆様のお力添えのおかげです。
本当にありがとうございます。
尚、8月は月曜日の定休日のみでお盆も営業してます。
どうぞよろしくお願いします!


旅へのこだわり

1997年から年に一度旅に出るライフスタイルをやってきました。

1997年ベトナム戦争に衝撃を受け戦場カメラマン(石川文洋氏)により影響を受け旅が始まりました。
さまざまな事を旅で学び、その旅の延長線上で山と出会いました。
そして自我への復活、ヴィジョンへの導きに気付きました。

その詳しい流れは、カテゴリーの中で書いてる未知踏進(みちぶしん)、VISION、自然治癒力を見てください。
更に詳しくは、新風舎のノンフィクション部門で奨励賞を頂いた作品に書いてます。
そちらの方は、興味のある方に注文頂いてから販売してます。
尚、私自信で作ってますので、冊子のような感じで¥1000頂いてます。
あるいは、MERCURYの方で置いてますので待ち時間などで読んでみて下さい。

今回の旅の最大の聖地というのは、

およそ100年前仏教の原点を求めて日本人として初めてヒマラヤに入り、当時は禁断の地であったチベットに入国した、大阪堺市出身の僧侶、河口慧海師という人物の足跡にあります。

2002年、私は初めてのネパールトレッキングにより自分の中で自然治癒力に目覚めた。
そして、帰国後すぐチベットとネパールとの関連を調べていたところ、河口慧海師に出会う。
慧海師も私と同じリュウマチだったのだ。
100年前?今でも完治しないと言われ薬もないのに、、、ネパールからヒマラヤを超えてチベット?へ?今みたいな装備もないだろうし、、、想像を絶する世界だった。
私も同じ道を歩きたい、自分の足でヒマラヤを超えたいと思ったのがはじまりだった。
しかし、調べるにつれてその道は明らかにされてないし、一般的に入れる範囲ではなかった。
そこで私は、自分なりに調べて個人的に行ける範囲内で旅をしてみた。

2003年、チベット側へ、ラサからカイラス巡礼へ(三大宗教の最大聖地の山)
ルート的には逆だったが、ネパール側からヒマラヤを超える峠はこの時点では明らかにされてなかった。

2004年、ネパール側へ ジョムソン街道ムクチナートへのトレッキング
慧海師の記念館、部屋などがあり、一般許可で行ける範囲内ぎりぎりのカグベニまで行く。

同じく2004年に、日本山岳会100周年記念および関西支部70周年記念としてに西チベット登山隊により慧海師足跡調査が行われた。

そして、登山隊が帰国直後、慧海師自筆の日記が発見されたのだ。

日記が発見されたことによって今までわからなかったチベット入国の核心部が、ヒマラヤ超えの謎を解くカギが含まれていた。

詳しくは、河口慧海日記
     ヒマラヤ/チベットの旅
     奥山直司編
     講談社学術文庫      
 
なんという絶妙なタイミングだ、、私は一人興奮していた。
いつか行ってみたいな、、でも一般許可では行けないし、ツアーでもありえないし、、無理だろうな。。夢のまた夢の世界だった。
夢ってのは、叶わないくらいがいいのだ、とか思ったこともあったが、、

それが、今年2007年春、民族学という本を読んでその時の思いが蘇ったのだ。
河口慧海プロジェクト特集だった。

やはり凄い世界だ、、読めば読むほど行きたくなった、、
よし、もう一度調べてみよう、状況が変わったかもしれない。
秘かな思いで動き出した。
しかし、やはり単独では、一般的には行ける範囲ではなかった。
うーーーーーーーーーーんんんん、どうしようか、やっぱり夢の世界だな、私には。
いつか行ける時が来るまで待とうと思った、その時はいつかわからなかったけど、待とうと思った。
そして、もう、旅として行くならこの土地しかないと思っていた。
その土地以外には考えられなかったからだ。
去年で旅して10年、毎年色んな思いがあっての旅、旅には妥協は許されない。
100%以上ないと行かない、99%ではダメなのだ。
それがないなら、旅には行かない。
今年は休憩しようか、とも考えていた。
私には、この土地以上の場所は存在しなかったからである。

思いが強くなると相手に伝えたくなる癖があるみたいで、、
今回もまた登山隊長さんに連絡したいと思ったのがはじまりだった。
すると自分のブログにこのような事を書いていたら、ある人からレスを頂いて幸運にも連絡先を教えてもらえた。
そしてすぐさまメールをして返事を頂き、御会いするチャンスを頂いたのだ。

隊長さんは、こんな私を受け入れてくれた。
現代の探検家、現代の河口慧海だった。

そして今年の西北ネパール登山隊に突然参加させてもらえることになったのだ。

心より感謝を伝えたい、ほんとにありがとうございます!
by talkeetna6194 | 2007-07-19 19:07 | 旅の世界観
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30