人気ブログランキング |

Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

Dolpo越冬へ 出発!

いよいよ出発だぁー!
e0111396_12250825.jpeg
この写真は今は亡きドルポの大御所、バラサーブ達。
私は、このバラサーブ達のおかげでドルポに行くことが出来るようになった。
山の世界のこと、なーんも知らずに、いきなり大西バラサーブに、ドルポに行くにはどうーしたらいいのか?!
と、いきなり連絡したのが2007年、アツすぎる私の思いに、その場で聞いてくれてすぐ遠征隊に入れてるくれた、信じられなかった。
あれから12年、もうみんな他界した。
早すぎやねん、まだまだ聞きたいことあったのにー。
なので、一緒に来てもらおう、バラサーブ達!笑
よろしく〜!!




ついに念願のドルポ越冬!

いつにない緊張感の中、出発した。

これは、飛行機の中で書いている。

出発前に書きたかったけど、毎日がバタバタすぎて無理だった。

目の前の事をこなすことで、いっぱいだった。


何度も行ってるネパールだが、

初めて行くかのような、いや、違う、とても不思議な感じ。

自分で願ってきたことだけど、

本当に行くんだ、行けるんだ、冬のドルポに、正直信じられない。

準備の途中から

まるで、自分じゃない誰かがいて、私を行かそうとしてるかのようだ。

バラサーブ達かな、大西バラサーブは、常に言っていた。

最後、入院する前日に最後となったメールにも書き残している。

「越冬するぞ」


数年前から思い続けていた越冬計画、去年のフムラ遠征後に決意した。

決意というよりも、覚悟が出来た。

今までは、やりたい事リストにあったけど、色んな事考えていたら、出来なかったのだ。

店のこと、お金、リウマチ、冬のドルポ遠征、

その全てにおいて覚悟することが出来て、勇気が湧いた。


去年、フムラで初めてのキャラバン単独遠征を行なった。

地図にないルートを探し、名もなき湖を探し、自分でルートを考えた。

それは、バラサーブが夢に出てきて、お告げのように、名もなき湖に指を指したからだ。

そんな理由で、マジで行くのかよ?と、自分でも思ったが、魂の揺さぶりを感じた。

これは私にとってGoサイン!

そんな旅を実は24歳からしてる。

久しぶりのGoサインは、これは行くしかない!


一か月、西北ネパールの端っこ、国境ラインを歩きまくり、チベットのカイラスが見える展望を探し、名もなき湖を探した。

その間の2週間は無人地帯で人っ子一人もいなかった。

その代わり、野生の馬やヤクがいた。

読図して、間違えたこともあったけど、それがまた楽しくて、自由にここだと思うところを歩き通せた事が、とても良い経験となった。

この旅を終えて、名もなき湖を探し、勝手にバラサーブレイクと名付け、旅を終えてわかった、メッセージがわかった。


「単独でフムラに行け、お前のまだ見ぬ世界で、どこまで出来るか、一人でやってこい!、それが出来ないなら、西ネパールでは歩けないぞ」


昔、バラサーブはいっていた。

「想像しろ、地図見てどこまで想像出来るかだ」

自分でルートを見出すのだ。

それが出来ないなら、ダメだ。


その頃、西ネパールのトレッキング地図はなかった。

今でもこそ、普通に買えるようになったけど、全くない時代にそう言われた。

最初見たのはロシアの地図だった。

地図の苦手な方向音痴の私は、そんなんみて、わかるはずがない、笑。

でも、今、大西バラサーブの荒行のおかげで、少しは成長しましたよ!


貯金ゼロからスタートで、借金してでも、行くと決めて、

自費出版して、その売り上げを資金にしようと考えたら、デザイナーのKさんが全面的にサポートしてくれた。

Kさんがいなかったら、出来ていない。

同時にいつもお世話になっているDさんも色々考えて下さって、

クラウドファンディグを勧められて、最初は自分ではやろうと思った事がなかったけど、

改めて考え直してみたら、今、自分がやっていること、やってきたことを、販売、宣伝ツールとして出来るんだと思った。

私の場合は、店もやっているので、これも同時に宣伝出来ると思った。

手売り販売しようと思っていたが、時間も短いので、やろうと決めた。決めたら、

色んな方が親身になって相談に乗ってくれたおかげで、色んなアドバイスも受ける事が出来た。

ほんとに感謝しかなかった。


さらに、クラウドファンディグ以外からの応援が想像以上にあり、自分でも驚いた。

こんなにも応援して下さる方々がいるなんて、ほんとにびっくりした。

感謝しかない。

この有り難いビックチャンスを、

精一杯思いっきり楽しんで形にしたい。

ドルポという大地に惚れ込み、

夏と秋、4度に渡って歩き尽くしてきた。

そして、冬が気になって気になってどうしようもなかった。

ドルポの厳冬期の生活、山々が見たい。


「ここだ!」と思うところに行き続けてドルポに辿り着いた。

何故なんだろう、どうしてなんだろう、意味はわからないほどの魂の揺さぶりを感じた。

そんな思いを場所を大切にしたい!


今回のDolpo越冬の為に、クラウドファンディングをはじめて、多方面から沢山の応援を頂きました。


様々なサポートのおかげで、なんとか出発まで辿り着き、いよいよ出発させて頂きます。


現地ではいつも予想外の事が起こるので、何事も楽しんでいけたらと思ってます。

現地の人達と仲良くし、リスペクトを忘れずに大好きなドルポを感じてきたいと思います。


心から感謝いたします。

ありがとうございます!!


ケンコー社様

http://www.kenkosya.com/


サンウエスト様

https://www.sun-west.co.jp/sunwest-showroom-store


ファイントラック様

https://www.finetrack.com/


パタゴニア様

https://www.patagonia.jp/home/


順不同


稲葉香






by talkeetna6194 | 2019-11-14 12:07 | ネパール・ドルポ越冬
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31