Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

Upper Mustang 6

5月23日  Gami 3520m ~ Lo Mantang 3810m 

2日間、千鳥足になるまで頑張った~~。
今日で3日目、ローマンタンになんとか到着するはずだ!
普通は、4~5日かけて来るのだけどね・・・・。
しょっぱなから飛ばすのは、先が長いからあんまりダメなんだけど、アッパームスタンでの時間は限られている。
許可書の日数がいきなり少なくなった為に予定外の事になってるけど、
旅は山はネパールはそういうもんだ、柔軟な頭でないとやってらんない。
許可の日程内で絶対帰らないと行けないし、絶対車には乗りたくなかったし、行きたい場所がある。
どれか諦めろよ!?って感じだったけど、イヤだった・・・笑。
だから、フラフラになるのを覚悟して、意地で歩いたよ~~!
体力には自信ないけど、こういう気力だけは自信があるねんな~~笑!

Lo La 3950m   17時52分
最後の峠、ローマンタンが見えたー!!! 
見えたけど、まだあるね~
嬉しさよりも、今日何時に着くねん!?、と、自分に突っ込んでいた。
とりあえず夕日が完全に沈むまでには滑り込みたい・・・・。
e0111396_011182.jpg




6時半起床、太ももの痛みは引いていた、おっし、今日もなんとか歩けそうだ^^。
テントから出ると、、、微妙な場所・・・これ!!
e0111396_0104399.jpg

Gami での宿は、ムスタンの王様の親戚のロッジでのテント場だった。
この日のロッジは、トレッカーが沢山いた。
朝ご飯は、みんなワイワイしていて、グループばっかりのヨーロッパ系。
ダイニングには、こういった食器類が飾られていて、それを販売していた。
よくよく話しを聞いていたら、ほとんど売れたって、5万〜20万ぐらい。
結構な商売してるね、さすが王様の親戚・ラズさんは、日本語も上手だった。
ガミでは、水を作ってるよって、ペットボトルの水をくれた。
e0111396_0183443.jpg

ガミは、池澤夏樹・すばらしい新世界の小説の舞台でもある。
10年前だったかなー、それ以上前か忘れたけど、新聞のコラムで読んでいて面白かったから小説化されてすぐ購入。
また読みたくなってきたな~。
屋上から見る景色は、のどかだ。
でも、ここは、1960年代には、チベット・ゲリラの為の補給基地になっていた。

当時の冷戦構造の中で、中国に占領されたチベットの解放を目指すゲリラの部隊が、CIAの手によって組織され、アメリカやインドで訓練を受けた後、ムスタンに投入された。
その主力は、勇敢なことで知られる東チベットのカムパ族だった。
彼等は、各地に基地を作り、北のチベットに襲撃し、このゲリラは、1974年にネパール軍の掃討作戦にによって壊滅する。
(引用・ムスタン曼荼羅の旅)
e0111396_027396.jpg

Gami Khola
この川は、バラサーブがDolpoから冬に横断してきたルートだ。
氷の回廊・アッパームスタンである。
私も横断してみたいと思って考えたが、バラサーブそんなに甘くないぞ、って、言われた事思い出した。
その意味が2012年のDolpoと今回のアッパームスタンで良くわかった。
e0111396_0324566.jpg

一度下って、また登りかえり、これの繰り返し~~~
e0111396_0383078.jpg

ガミのメンダンが遠くに見えるが、帰りに寄ることにする。
e0111396_0415063.jpg

 La. 峠は、何本超えてるのだろうか?
いつも数えようと思ってるけど、何本も超えてくうちに、忘れてる・・・笑。
e0111396_0592076.jpg

Dhakmarが見えてきたー!
e0111396_059273.jpg

見事に赤いです、Dhakmarとは、赤い岩という意味。
e0111396_110213.jpg

やばいです、こういうのん好きなので、写真がとまんないー!
e0111396_1125315.jpg

後ろを振り返るとう馬に乗るトレッカーのグループがきた。
e0111396_1134780.jpg

馬トレッカーは、めっちゃ早い~~!
私は、ひたすら歩く、どんどん抜かされる~~!
なんかここアメリカみたいです・・・。
e0111396_1145073.jpg

やっぱり洞窟が気になってしょうがない!
e0111396_1152896.jpg

こうやってみると馬との相性良いね、今度は馬で来ようかな^^
今回はひとまず全部歩きたいけど。
e0111396_117164.jpg

時間あったら探検したい!!ウズウズした、笑。
e0111396_1184675.jpg

放牧のヤギや、ヤクの足跡だね。
でも、ムスタンでは、あんまりヤクを見なかった。
車が通るようになって活躍する場が少なくなったかな・・・。
e0111396_1254349.jpg

山の同定がやりたいな、地図見てガイドとあーだこーだ言ったけど、
バラサーブがいないと確実な事はわからん世界だなと思った。
e0111396_1294829.jpg

偽ピークじゃなくて偽峠!これの先に峠があった。
e0111396_1243414.jpg

Mui La4170m
e0111396_1332814.jpg

Tsarang 3560m が見えた^^!
慧海がいた村だ、ゆっくり見たいから帰りに寄ることにする。
e0111396_1372386.jpg

またもや赤い!!
e0111396_1363231.jpg

ローゲガル ! 12時52分着!
ここは、パトマサンバヴァがテルマを埋蔵した場所である^^!
先は、まだまだ長くて時間ないけど、ここも見たいからしっかり見るよー!
パトマサンバヴァは、未来においてチベットの仏教が弾圧されることを見通しして、各地に経典を埋蔵した。
日本でも知られるようになったチベット死者の書。
まだ、読んだことないけど、そろそろ読む時期が来たかな~~なんて思った。
中は、撮影禁止。
石像彫刻でひんやりしていて、当時を想像するとゾクゾクしたのは私だけか?!
ムスタントレックは、まさに巡礼トレック、聖地の連続です。
e0111396_1413057.jpg

ローゲカルで見学して休憩もした、なんとケーキを食べた、笑。
私が食欲ない為に、ガイドが気をきかしてロッジでケーキを買って来てくれた。
良くわかってるね~ケーキ大好きなん、笑。
付き合いが長いから、色々言い合えるし、分かってくれるから有り難い。
納得するまで話し合いをする事が出来る。
e0111396_1471724.jpg

後ろを振り返ると、超えてきた峠が遠くに見える。
今日も良く歩いてるな~~
何時に着くやろ・・・笑。
e0111396_152509.jpg

ひたすら歩き続けて峠に出る、名前なさそう・・・。
15時45分、4244m
e0111396_215541.jpg

フラットに見えるが、高度が4000m超えているので順応してないとキツく感じる。
e0111396_1553144.jpg

またもや峠、 16時27分 、 4299m。
e0111396_1532523.jpg

そして、最後の峠!
e0111396_1564458.jpg

Lo-Mantang が見えた!!
e0111396_159999.jpg

お~~っ!!と、一瞬思ったが・・・まだ、あるやん・・・、ただいま17時53分。
e0111396_241219.jpg

ゲリラ戦の時に、あそこから敵を探してたのかな~~
なんて思いつつ、またもや、フッラフラの千鳥足で歩き続けていた。
e0111396_262021.jpg

19時15分! 
念願の歩きで、まさかの3日で、 Lo-Mantang 着ー!!
e0111396_27224.jpg

ふっぁーーーーーーー着いたーーーーーーーーー!
なんとか歩ききったことに、一人で感動ー!笑!
たった3日でこんなにハードな事は、ドルポ以来だ。
Lo-Mantang では、ホームステイの予定だったが、一日だけロッジが空いてたから今日はロッジへ。
またもや、食べずに即寝!笑!

写真は、チベットから運んできた机!だ、これ欲しいねん、千早の山基地の為に^^
今度ネパールで注文しようと思う^^
by talkeetna6194 | 2014-07-24 02:01 | Upper Mustang. 2014
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30