人気ブログランキング |

Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

Upper Mustang 5

5月22日  Samar3660m ~ Ghami 3520m

昨日、初日から飛ばした為に・・・・、太ももの裏がめっちゃ痛くて、疲れすぎてご飯も食べずに寝た。
裏なんぞ、痛くなったこと今までに一度もない。
筋肉痛は、普段は、普通太ももの表にくるのに、なんだこれ?!ってぐらい裏が痛かった。
表の筋肉痛は全くなかった。
飛ばした理由は、許可書の日程が減ったから、車使えば楽に行けるが、車は絶対使いたくなかった。
ってことで、朝、足がどうなってるか・・・、テントから出るのがドッキドキ〜!!

写真は、朝焼け。
左、Yakwakang6482m、 右、Thorung peak6144m
この真ん中の黒い山で見えないが、そこがThorung la pass 5416m
アッパームスタンの帰り、カグベニからムクチナート、そしてトロンパスを超えるつもりだ。
アンナプルナサーキットの逆コースになる、高度差がありすぎてそこはみんな下山に使うのだが・・・。
私は、登りに選んだ・・・笑。
ムスタンで高度順応は完璧だろう計算であるが・・・、こうみると・・・大丈夫か・・・・私!?笑!
今から考えても仕方ないのでやめる、ムスタンに集中しよっと。
e0111396_2335267.jpg





ネパールの地酒といえばロキシーとチャン。
私は、基本的にお酒が弱いので・・・、普段からあまり飲まないが、以前カトマンズでシェルパの家でみんなでワイワイしてた時、調子にのって飲んでしまった。
その時は、5分ぐらいで、チーーン!!!やばい、なんか眠いし、気持ちよくないー笑!ってことで、寝てた。
やっぱりそれ以来、飲まないんだけど・・・、山の人って、お酒強い人多いよね~~。
e0111396_23491997.jpg

ロキシーは焼酎に 似た味の透明なお酒で、コド(粟)から作る。
チャンは米から作る濁酒を少し酸っぱく したような味のお酒。
これは、ロキシーかな!

右から、Nilgiri 7061m 、Tilicho peak 7130m、Muktinath Himal 、
Khatungkang 6484m、Thorung Peak 6144m、Yakwakang 6482m。
e0111396_045536.jpg

Samar 8時スターット!
とりあえず、足は動いた、復活である^^

Tilicho peak 7130mは、薬師先生のお山である。
アッパームスタンの帰り、もっと見える湖に行くから後半も楽しみだ^^
e0111396_022556.jpg

しかし、痛みはないが余韻はある・・・。
今日も長いぞ、覚悟するしかない・・・笑!
e0111396_0201438.jpg

また、見えた^^
Dolpo-hairの今年のハガキにした写真の山。
この山は、名前があるのか、ないのか、登られてるのか、ないのか?!
調べたいところです。
e0111396_0252455.jpg

この手前に分岐というか、道が大きく別れる、谷に入るか、アッパールートを行くかである。
私は、巡礼地を通って行きたかったので谷に入る方へ。
アッパーのルートは、ポーターがよく使う、それは近道だから。
あるいは今では車も走る。
e0111396_0331911.jpg

一度谷に降りて、登ってきた、絶景が続くので登りも楽しめる。
でも、高度があるので結構キツイ、頭は痛くないが、まだ二日目、身体が完全に順応出来てない。
これが完璧に出来た時の感覚には、まだほど遠い、ビスタリ行こう。
e0111396_0313814.jpg

峠に出た、休憩ー! 
9時40分。
e0111396_0422150.jpg

ここからSyanboche3800mが見える。
がーー、この村も超えて、、まだ峠を・・・・・
e0111396_0515368.jpg

2本超えなければならない、しかも4000m超えてくる。
まだまだ先は長いが、行きたい所があるので寄り道する^^
e0111396_0571729.jpg

この谷の中へと降りるのだ^^!
e0111396_0582238.jpg

後ろから、足取りの軽いトレッカーがきた、こっちを選んでるのはもの好きである^^
e0111396_101937.jpg

ところどころ雰囲気でてきて、疲れてるけど、私はニヤケテル^^
でも、この辺りで道を知らないポーターが、この道は大丈夫なのか?!って聞いてきた。
ガイドが、大丈夫だけど、遠回りだよって教えたらガーーーン!!!みたいな顔をしてた、、笑。
まじかよ〜〜って、、、感じで、今更仕方ないから同じ道を行く。
その後、彼等とはポイントポイントであって、最後ローマンタンでもあって仲良くなった^^
e0111396_0592067.jpg

はい、来ました、谷の底~~、どんな所なのか私はウキウキしてる^^
e0111396_115075.jpg

こちらが、目的地のランチュン・チョルテン(自ら生じだ自然の仏塔)
e0111396_154579.jpg

e0111396_1143824.jpg

ムスタンでの名高い巡礼の聖地の鍾乳洞である、
この洞窟のご神体は、天然のチョルテン、つまり巨大な鍾乳石になる。
ここには神秘的な霊場の雰囲気満載である。
奥山先生の本によると、パトマサンヴァの姿の型押しした巨大なツァツアが立ててあって、それは深い穴の入り口だと、その時ここを守っていた僧侶に聞いている。
その彼は、もう亡くなってしまっていて、今は若い夫婦が守っていた。
e0111396_127332.jpg

で、これかな~~と私は思った。
e0111396_123089.jpg

時間がないくせに、ここは見たかったのでしっかり巡礼する^^
e0111396_128231.jpg

めっちゃ感動して外に出て、また登りに入ったら・・・・
あれ、遠くに車が見えるではないか・・・?!!
まじで~こんな所にまで車が入ってきてる、しかも乗っていたのはカトマンズ出身のネパリ。
凄い疲れていて足取り重くて、、、ふわーーしんどーーーって。。。笑。
私のネパリのイメージをことごとく、壊してくれた・・・笑。
e0111396_12919100.jpg

Shanboche  13時55分 到着~!ランチタイムである、3800m。
ここも疲れすぎて、食欲なし、ガイドが食べてる間、私は寝る、椅子で・・・笑。
靴擦れが最高ちょーーにイタい!
e0111396_1335823.jpg


続く・・・・
by talkeetna6194 | 2014-07-16 01:37 | Upper Mustang. 2014
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30