人気ブログランキング |

Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

双六岳

海の日は、山へ、毎年ですが・・・笑

今回は、K会の合宿に参加させて頂きました。

それが・・・雨!!しかも、豪雨にやられて・・・テントポールが折れちゃった!

普段、晴れ女なので、久々の大雨っすよ・・・!!

雨での勉強になりましたね、新たな発見、新たな課題とか見つけたしね、
やっぱりなんでも経験ですね〜。

雨の中でも高山植物達は、きれかった、かわいかった^^
e0111396_236385.jpg


あと、最後の下山でチラリと見せてくれた槍の北鎌尾根!
山の神さん、ありがとう〜!
加藤文太郎の世界ですね、そこを登攀した方の話も聞けたし、リアルで良かったな^^
http://ja.wikipedia.org/wiki/
e0111396_2392451.jpg





前日夜22時に集合して、マイカー出発、新穂高到着後すぐ仮眠。
今回は、合宿なので一眼レフはやめたから、三脚もない、だから2キロほど軽い^^
それに、どのぐらいの速さで歩くのだろうか?!
着いていけるかなーって思っていたので、軽量化を徹底していった。
しかし、寝袋は、もう一つ欲しいなーー、これ1本でどこでも行ってる。
厳冬期も夏山も同じはおかしいーー笑
でも劣化して軽くなって小さくなっているから使いやすいんだけどね。
共同装備担当は、ポールにテントシートだったので有り難い、感謝です。
小雨の降るなか6時スタート、林道1時間ほどで山に入る。
笠新道登山口を通りすぎて、まずはわさび平小屋でトイレ休憩。
小池新道に入り、橋がある秩父沢を渡る。

沢を見るとトルボの徒渉を思い出す、自分で飛べないとことは靴を抜いで進んだ。
流れが弱い?ところを探して、浅いところを探した。
一人でな流されそうなら、二人で手を綱いで流れに負けないように沢に入る。
私は一番背が低かったから?!足が短い!?・・・めっちゃ濡れたな。。笑。
季節が変わった横断の後半、アラニコ方面の徒渉は痛いほど冷たかった・・・。
ほんま橋があることに感謝やな〜って思いながら、橋を渡った。
e0111396_23161750.jpg

サンカヨウ
e0111396_23343183.jpg

今回のお気に入り〜^^
e0111396_2338681.jpg

11時20分、鏡平到着。
ここからは、槍・穂高連峰が見えるはずだった・・・。
この辺りから、止まると汗で身体が冷えてきたから、インナーを着る。
e0111396_23392029.jpg

この名前は、何だったかな!?!
e0111396_23404484.jpg

結構雪あるな〜、ここであると上はもっとあるかな〜
e0111396_23451997.jpg

ハクサンチドリ
e0111396_2350217.jpg

コバイケイソウ
e0111396_2351158.jpg

ダイモンジソウ
e0111396_23515645.jpg

ユリ なにユリだったっけ!?
e0111396_23524453.jpg

ハクサンイチゲ
e0111396_2355362.jpg

シナノキンバイ
e0111396_2356543.jpg

ヨツバシオガマ (たぶん・・)
e0111396_001080.jpg

クロユリ
e0111396_011774.jpg

14時17分、双六山荘が見えた。
高山植物に癒されて、雨だけど楽しんだ^^
e0111396_053343.jpg

さてと、どこにテントを張るか?!が問題だ。。
方角は?、風の向きは???
風の通り道になってる場所に感じる、こういう時は、どこが一番いいのだろうか?
でも、だいたいかそういう所に小屋があるし、テント場所がある、なんでだろう?
出来るだけ山肌がいいのかなと思ったが、ど真ん中に張ってる人もいた。
テント班に別れてそれぞれたてる、私は4人用で3人のメンバーだった。
e0111396_011453.jpg

夕食は、チゲ鍋。下ごしらをしてくれた食担さんに感謝!美味しかった〜!
その後、テント内でロープワークを教えてもらう、私には手品に見える・・・笑

そして、この夜になんと豪雨と強風でテントのポールが折れた!
寝不足で来たので爆睡中、夢の中でテントが近いな〜思ったら・・・
夢ちゃうやんー!テント近すぎーーって思って起きた。
Yさん、折れてるんちゃうかーってすぐ外に出る。
あ・・・・ポール折れてフライに突き破ってるで・・・。
まじっすか?!!
ある意味、怪我もなかったのでいい?経験が出来ました?!
ポールが折れた時は、どうするか?!ってのが、リアルにわかった。

二日目
朝、お天気イマイチ・・・。
期待はしてなかったけど、山の天気は良く変わるし、もしかして〜?!の期待は、なかった、笑。
e0111396_0261736.jpg

テントは、ひとまず撤収?!たたんで、スタートです。
中道ルートで双六岳へ、三俣蓮華岳、鷲羽岳予定。。。
ハクサンシャクナゲ
e0111396_0553195.jpg

Kさん、クライマーでもあり、めっちゃお花の名前知ってる、今回めちゃ教えてもらった。
高山植物博士?!
e0111396_0562621.jpg

7時53分、双六岳到着、真っ白けっけ〜!
チビリュックに防水完璧にしていったけど・・・・。
いろんな事がわかった。
防水袋、いろんなタイプ持ってるけど、2重にしたり、いろんな事していった。
え〜〜信用していた防水袋が濡れていた・・・。
劣化してるってこともあるけど、まだ劣化してないだろうと思われる袋も濡れていた。
そして、普通のコーナンで売ってるジップロックが完璧に濡れてなかった^^
ってことで、これからは、ジップロックにすることに決めた。
高いだけじゃん、カッコいいだけでは、山では使えない。
e0111396_0592059.jpg

安全面を考えて同じルートを戻ることになった。

この辺りは、3年前に縦走しにきたことがある。
折立から入って雲の平〜水晶岳経由〜烏帽子岳の縦走、ちなみにその時は、四泊五日だったかな?、全部晴れ、ピーンカーーンすぎて右腕が焼けすぎて火傷状態になった。
http://denali6194.exblog.jp/13166018/

11時15分 双六岳 テン場に帰ってきた。
ポールの補修は、こんな感じ〜、テーピング持ってきてたから、それでグルグル巻いた。
自分の骨じゃなくて、テントの骨でも使える〜笑
e0111396_14244177.jpg

雲は、停滞してる〜
e0111396_14263241.jpg

今回、天気図を書くってのを始めて経験させてもらった。
西の風、曇り、?度、?ヘクトパスカル・・・などなど・・・。
ラジオを聞いて書く、、凄いっ、これで予測するんだなぁ、始めてちゃんと聞いた、めちゃ勉強になった〜!
e0111396_14273198.jpg

雲は、停滞してるんが、こうしてみると良くわかる!

この夜もめっちゃ豪雨だった。
また、ポールが折れるんちゃうか?!って何度も思った。
風の勢いは凄かった、凄過ぎて寝れなかった、何度も起きた。
次、折れたらどうする?小屋に逃げるか?!

3日目
早朝も雨、やまないだろうってことで、下山の準備。
撤収してたらマシになってきた、太陽が始めて顔を出した^^
鏡平が見えてきて〜
e0111396_14332680.jpg

最後の最後に槍の北鎌尾根を見せてくれたので、それで救われた^^
e0111396_14384975.jpg


数年前、槍が岳に登った時は、そういえば・・・雨だった。
山頂では、ガスって何も見えなかった、北鎌尾根が見たくて行ったけど、真っ白けっけ!!
風より、雷が凄かったんだなーあの時は、雷をあんなに間近に感じのは始めてだった。
槍が岳山荘からの下山は、まるで地獄のようだった。。。
雨と雷、ガスってなんも見えず、音がだけが聞こえてくる、シャンシャン!!?何んの音?!地獄からのお誘い?!って思ったぐらい怖かった。。
単独だったので雷が怖くて、音がデカ過ぎた時は、這いつくばるようにしていた。
音が止まった瞬間、テント装備でザック重いのに走っていたし、怖いと人間、力が出るもんですね・・・。
視界ゼロの中から、団体様がいきなり顔を出した、びっくりして、思わず、うっわーーっと、声が出た。
シャンシャンの正体は、この団体様だったのだ。
ねーちゃん、一人か?、気をつけや!水たまりから雷はやってくるで〜って!!ビビらされたな・・・でも、その通りであった。。。

ビヨーーンと、槍の穂先を引っ張ってみる・・・^^
e0111396_14512530.jpg


最後にオオヤマレンゲ
大峰山にも咲いているけど、まだ大峰では咲くタイミングに行ったことなかったので、始めてみた^^
e0111396_14482758.jpg

あ、ササユリも見っけ!
これは、金剛山にもあるね^^
e0111396_15371791.jpg


豪雨と強風の中、K会の皆様、勉強になりました。
ありがとうございましたーー!
e0111396_14472432.jpg

by talkeetna6194 | 2013-07-17 15:13 | 山日記
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30