Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

プチ・ダイトレ

ダイヤモンド・トレール

1970年に大阪府によって整備された自然歩道

屯鶴峯 - 二上山 - 大和葛城山 - 金剛山 - 岩湧山 - 槇尾山とつながる全長約50kmに及ぶ。
大阪・奈良・和歌山県境きっての山を経由する、六甲縦走、比良縦走とならぶ関西地方を代表する縦走路となっている。
通称 ダイトレ。
健脚者の中には一日で走り抜ける者もあるが、交通の便が比較的よくエスケープルートも多いため通常はコースを分割することが多い。

千早に引越してきてから、行ってみようと思いつつ、はや4年がたっていた。

で、やっといけた、はじめて行った~!

プチ・ダイトレです。半分?!です、二上山駅~金剛山の自宅まで^^

半分で家までだから、24キロぐらいだったのかな~

ちょい調べてた、あんまり調べすぎる、わかりすぎるのもおもんないなーと思って、、、

ちょっとだけ調べた、、でも、やっぱちゃんとしっかり調べた方が良かった?!かも!?

先週末に、2000人~3000?!ぐらいが、ここを駆け抜けたらしい・・・

A山岳会のお友達がチラホラ行くと聞く、さすが山屋さんははっやいんだーーー!!!

ランした友達は、36キロ・5時間・・・分だって、16位!すっげーーー!!

私、そんなん走れませんから・・・・歩きました、ノロマな亀のようにーー笑・・・

久しぶりの単独縦走です~2年ぶり!?

あのぶっ倒れ事件から・・・実は、単独縦走はさけていた、もう大丈夫だろう!^^

えーーーっと、久々すぎて・・・・自分のこと、忘れていたーー笑

そう、わたしく、めっちゃ方向音痴なのである。

そんなくせに抱いてる夢だけは、デカイ!?

いつか・・・西北ネパールを地図片手にプラプラと歩きたい。。。

最近読んだフリーペパーで

ここには道はない、歩いたところがトレイルなのだ・・だって!!

自分のトレイルは、自分で決めたいよね~

山であれ、人生であれ

お~まさに同じやないか、、北欧のプラプラしてる人がいた。

北欧とか調べたことなかったな~と、読んでみると面白い~!

ヒマラヤの他に行きたい場所は、あるよ、あるよ。
でもありすぎても中途半端になってしまうから、ただいまヒマラヤに絞ってる~

南米、北極圏には、行きたいよね~!!あと、あの島へは^^^^^^

行きたい場所なんてあげていったらきりがない。

私の魂が宿る?!ヒマラヤ!!大袈裟?!かもしれんが、、思うこは自由だよね^^

でも、その前には、私には修行がいるのよーーーーー笑・・・・

前起き、長すぎ・・・・ってことで、単独縦走してみた。

メジャーなルートやから、と甘く?みていた自分がいたり。。反省・・・

道、間違えたっすよーー笑

平日の縦走路には、人がほとんどいなかった。

そう、私の癖、発見!!

1、絶景や、気持ちよくなると、方向関係なく流されてそっちに行ってしまう・・・

  うわ、ええやん、ここ!とか思って、変なところに入り込む・・・

2.方角だけをたよりに、地形が読めてない・・・・

3、登りはマシだが、下りに弱い・・・・

4、頑張りすぎてしまう・・・

5、たまには山で一人になれ、人に頼ってる自分が見える。

勉強になりましたわ~

やっぱ単独いいね、五感がフル回転しましたわーー

e0111396_1116265.jpg

e0111396_11194021.jpg

e0111396_11203250.jpg

e0111396_1121229.jpg

e0111396_1123894.jpg


なんか写真のイメージが暗い!?

だってね・・・ずーーーっとガスっていまして。。

葛城山では、ホワイトアウトしましてん・・・・一瞬やばい?!って思ったぐらい。。

でも、落ち着いて考えました、最悪逃げ道も考えてました。

で、道を見つけた時のあのカンドーーーーーーー!?

お~~!!そして、金剛山に入ったときの安心感は何!?!

まるで、おかんに会った?ような感じでした。。。笑

金剛のいつもの鳥居を見た瞬間・・・・

どーどどーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、疲れたがきた。

足が一気に痛くなってん。。。。がんばりすぎた。緊張の糸がとけた感じ?

まだ山頂だけど、、私には金剛山がオカンになっていた。

いつもありがとうっと、声が出た。。。

しかし、その手前で止めるとをしないとね、、反省・・・。

ここがピークだったら大変だよな。。

e0111396_11301838.jpg


次は、晴れた日に、槙尾山から自宅へ、歩いてみよう
by talkeetna6194 | 2010-04-15 11:31
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30