Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

帰国して、、

先日、帰国しまして営業始めてます。
帰国すぐの講演会、予約の連続でバタバタとしましてDolpo-hairのお客様へのメールが遅れてしまいました。
すみませんでした、私は元気です^^!!!
カット&シャンプーしすぎて、、今朝は痛みで起きて右手が動かんかった、、、これはリウマチ君じゃなく腱鞘炎、しかし本日昼過ぎ復活、ただいま治りました!
心配して頂いた方々、そして1ヶ月のお休み、ありがとうございました。
たっぷりヒマラヤ充電してきました^^

今回のネパールは、久々の一人での山旅でした。 (ガイド&ポーター付)
アッパームスタン、それは1991年に外国人に解放された地域で特別な許可書が必要で単独行動禁止、そしてチベット仏教文化圏、ネパールの中でも独特な地域でDolpoに似てますね。
10年越しの行きたい場所だったのですが、4〜5日かかるところを3日で歩き、かなりハードで必死だったので場所に浸る?のを忘れてしまってましたー、それぐらいキツ かったんです・・・笑。
でも、そのおかげで、貴重なFestivalにも参加する事が出来て、ムスタンの独特な仏教聖地・巡礼地、瞑想地・洞窟・お寺に行く事が出 来ました。
Festivalでの最後には、虹からのメッセージがあり大地からのリアルな力を感じました。
更に、私がずっと追いかけている河口慧海の滞在してた村で、慧海の銅像に出会う事も出来て本当に貴重な時間を過ごせました。
これも皆様のおかげです、ありがとうございました!

環境が厳しい地域での知恵と大地と共に生きる強さ、チベット仏教の信仰の厚さ、そこからくる強さに優しさに美しさ、11年前に初めてチベット(カ イラス)を訪れた時に感じた同じ事をまた更に感じました。
今回はまたチベット人が語る、昔のパワー?!伝説が興味深かったです。
写真も何千枚!?って撮ってきて今から編集作業に入ります。
また、まとめたら見て下さい。
講演などまた声をかけて頂いてますので、また決まりましたらお伝えします。

一つ決まってるのは、ASIAN PUJA 2014 、9月23日祝日・高津宮(谷町9丁目)で講演させて頂きます。
アジアマーケットや南インド古典舞踊、バリ舞踊、ヨガ、気功、講演など、一日を通してのイベントですので、遊び来て下さい^^!
e0111396_1255356.jpg

e0111396_12571576.jpg



Dolpo-hair 7月のお休みは、定休日の毎週月&火と、27日(日曜日)となります。

今後とも宜しくお願いします。

e0111396_1257243.jpg

by talkeetna6194 | 2014-06-29 19:58

Dolpo-hair 営業開始~\(^o^)/

帰国しましたー!!

明日?!今日より営業開始です!

宜しくお願いします~!
e0111396_1555168.jpg


Upper Mustang Tiji Festival

そして、帰国すぐですが、、講演会させて頂きます!
こちらも宜しくお願いします~!
e0111396_153193.jpg

by talkeetna6194 | 2014-06-19 01:42

Upper Mustang カトマンズ日記

FBのカトマンズ日記をまとめてアップ!


☆昨日、バスでカトマンズに到着!
バスや、ホテルはレベルがあって最近はいいのを選んでる。
年齢を感じるが、、、笑!
旅のスタイルもどんどん変わってくるよね~
しかし、いいバスも渋滞には勝てない、二時間ぐらい遅れて到着、、、。

フルムーンの夜は、スワヤンブナート行ってきた。
ポカラのチベタンラグのおじちゃんと再開して案内してくれた。
メイン一昨日だったけど、最後をチラリと見れてラッキーだった!
e0111396_4155648.jpg



☆今日はドルポのラマさんと会う。
半年前に来た時に取り置きしていた、ドルポの伝統的なブローチ。
古く物ではなくて新しいものだけど、なかなか手に入らないので買うことにしよ!
e0111396_4164387.jpg


☆ 毎回記念に?!オーダーして作るんやけど、間違い発見!!笑!
うあーーってごめん!チエックして良かったなぁ~ってさ、、
そんときの顔は最高でしたー(爆)!!
以前は、取りに行った日が、エイプリルフールやって、騙されて、、今日はなんの日?!
あん時は、めちゃめちゃ笑ったー!
タメルで10年以上やってるオチャメなインド人。
e0111396_4172888.jpg


☆Dolpo の伝統的なブローチ、半年前に取り置きして今回購入した~\(^o^)/
古いものではないが、ティンキューのラマさんから譲ってもらったことにも意味があると思う!
大事にしよ~\(^o^)/
Dolpo gallery 今日は、テンジンさんの次男がいた!

☆Dolpo-hair 雑貨部門、シルクの服GET!
ターコイズのペンダントトップをオーダー中~\(^o^)/
毎回来るお気に入りポイント!
e0111396_4185372.jpg

e0111396_4193389.jpg


☆久々にきた、Rum Doodle、場所が移動していた。
ここは、エベレスト登ったらフリーで食事が出来る!
で、ヒラリーを始め、有名どころのクライマーがきてる場所。
ここで久々に会えたチェパ、クライミングシェルパです。
彼とは、バラサーブとの一緒の遠征で出会った。
ドルポ横断を2回、そしてドルポのカンテガ6060mも一緒に登った。
思い出深~~いシェルパ君!!
今、かなり活躍中でエベレスト4回、マナスル3回登ったんだって!!
噂では聞いてたけど、この数年間で登りまくりやん。
そんな中、一緒に歩いた時の出来事、色々覚えていてくれて嬉しかった~~!
そして明後日からパキスタンのJ1、J2。
8000クラスらしい、私はよくわからん、後で調べよう。
これまた絶妙なタイミングで会えた。
FBって、凄い、、笑!
しかし、身体が2倍ぐらいデカクなっていて、びっくりや~~
山行ったら20キロ落ちるって、、?!まじ?!
また、バラサーブ達とディディと一緒に登りたいねって、 言ってくれた。
ありがとう~\(^o^)/
e0111396_353404.jpg


☆カトマンズめちゃめちゃいそがしや~~
今日は疲れたー笑!
でも、再開したり、友達出来たりと面白いんだけど、、目白押しすぎる?!

中でもカメルーンのサッカー選手と出会ったのは、面白すぎ、ここネパールですが、、
10年選手してるらしい、今はレストで8月にインドにサッカーに行くと。
毎日ネパールで何やってるのん?聞いたら、トレーニングしてご飯食べて寝て、トレーニングの繰り返し~~、それ、レストか?!って、思ったけど、、。
サッカーが人生やねん、サッカーで人生変わった、サッカーが大好きだぁ~~って、、!!
私も山大好きやねんー、山で人生変わった、山が大好きやねんー、同じやん、笑!
写真見せてもらって、リアルだった。
サッカー選手と話したのん始めてである意味感動した。

んで、チベタンのおじちゃんが誘ってくれてというか、私の行きたい所に案内してくれて、ほんま最後の最後まで、親切やった、、、最後のバイバイはウルウルした、 (涙)
また、会いたい人である。
おじちゃん思ってたら、、一つ違いで、(爆)!!
ボタナートの職人さんのとこに連れてってくれた。
次のオーダーは、これだ!
e0111396_3553933.jpg

e0111396_355532.jpg


明日帰国です!

Dolpo-hairは、19日より営業です。
宜しくお願いします~!
by talkeetna6194 | 2014-06-16 00:58 | Upper Mustang. 2014

Upper Mustang ポカラ日記

Facebookでアップしてたポカラ日記

6月11日

昨夜は、大雨!ネパールの雨季は、水捌けの悪いから宿に帰るまで大変でした。
早朝、サランコットへ、タクシーでサックっとビューポイントへ!
e0111396_2341973.jpg

御来光はなんとか見れたけど、山は薄い、まーいい、トレッキングで毎日見てた。
その後、朝食はいつもローカルいくけど、今日は引き続き偵察ポイントへ!
e0111396_2351460.jpg


えみはん、またもや、あのホテルに行ってきたよ~\(^o^)/
朝もいいね~、小鳥のさえずり聞きながらビスタリ朝食、癒された!

今日は昨日出会ったネパリに観光付き合ってもらって、、
その後は、Dolpo-hairの買い付けだぁ~\(^o^)/

昨日は、自分の買い物でアタリを二つゲットした~\(^o^)/
一つは、アッパームスタン出身の店見つけて、アッパームスタン職人が作った物。
もう一つはは、ドルポの職人が作ったマニ車!
たまたまでしたが、ラッキーです!!

そしてそして~
チベタンラグ買っちゃった~\(^o^)/
e0111396_2371671.jpg

前から欲しかった、買う場所も決めていたんだが、場所間違えた、笑!
ポカラにはTibet campが4つある、キャンプと言ってもちゃんとした家です。
タシリン キャンプに行くつもりが、タシパルケ キャンプに行っていたー。
同じーかもしれんけど、タシリンには何度か家に遊びに行ったチベタンの知り合いがいた。
でも、今回また新たな出会いがタシパルケでもあって、それまた良かった!
ただいまシーズンオフだから無理矢理開けてもらって、購入出来た。
今回は持って帰るから小さめにした、千早の小屋に置きたいと思ってる。
小屋を改造?中で、そこをヒマラヤンに染めるつもりだ~\(^o^)/

ラグを買った時に親切にしてくれたチベタンおじちゃん、私がドルポやムスタン、カイラスに行った話したら、凄い機関銃トークで色んな話してくれて、ローカルダルバートで美味しいところも一緒に行った。
おじちゃん、13日は満月だから、カトマンズに行くと言う。
あーーそうやった、、サカダワだ!
思い出した、しかも、カイラスでは、12年に一度と重なってる。
2012年に行ったドルポのシェー山と同じ。

いつもの満月とは違う特別な満月『サカダワ満月』。
サカダワとはチベット語でサカ=釈迦、ダワ=月。
つまり、お釈迦様の満月。
チベット暦で4月の満月の日を、チベットではお釈迦さまが生まれ、覚りを開き、涅槃に入った日として、「サカダワ」と呼び、その前後約1カ月はお肉は食べないんだそうです。
さらにサカダワの前後1ヶ月間の善い行いは10万倍になって戻ってくると信じられていて多くの人が毎日、寺院に通うそうです。

カトマンズのスワヤンブナートで24時間グルグル回るらしい!!
ボタナートじゃないんや、、、

6月12日

ナマステ
今朝もまた朝食をホテルに食べに来た、今度は泊まりに来たいな ~
ほんと気持ちよい雰囲気でビスタリ出来る~
e0111396_2391765.jpg



今日は、買い物やめて講演会の準備をする!
帰ったらすぐの21日土曜日、京都でやります~。
なので、Dolpo-hairは、19日木曜日より営業開始ですが、休みます、笑!
すんませんー!!

あ~編集作業がしたい、Macがあれば早いのになぁ~
持ち運び用がほしいなぁ~

どこでやろうか、湖かなー、ネパリに邪魔?されそうやけど、、、
湖とカフェとウロウロしてやろっ!

アナログ作業しかでけへんけど、構成を考えよ、台本作ろう。
これないと、、話が飛びまくるねん、
友達同士で喋るならいいんやけど、主語ないわ、話題がコロコロ変わるわ、統一性がないんです、頭の中で、考えて喋ってないもよう、、笑!

今回ネパール人 にも突っ込まれた、、話が飛んでるって、、笑!いつも、って、、、、

13日は私もカトマンズへ移動する予定、夕方には着くだろう。
スワヤンブー!行ってこよかな!!

続いて~

ネタ仕込み中~
ネパールは、毎日停電時間が決まってる。
ほんま停電ばっかりやからエアコンなんぞあっても意味ない
最近はソーラーが大きくなって蓄電してるところが増えた。
夜もお湯出るし~\(^o^)/快適になってきた。
日本も強制停電したらええのにな~って毎回思うわ~
e0111396_2403728.jpg


またまた続いて~

ポカラの〆は、やっぱりブーメランに来てしまった。
毎回来るポイント!
でも、今回食べきれず、山降りてから2食生活が抜けれず、お腹すかないなぁー

構成は、だいたい決まった、後は写真のピックアップだ。
これは、カメラだけではキツイなー、画面で見ないとわからんわー

ブーメランのスタッフ、前にも来てたよね、あそこの席に座って喋ったやん、覚えてる?
って、聞いてきた~、
やっぱり来すぎやな、覚えられてしまった、、なんか恥ずかしや~、、!

明日の朝、カトマンズへ移動だぁ~!
e0111396_2414753.jpg

by talkeetna6194 | 2014-06-12 23:16 | Upper Mustang. 2014

Upper Mustang 後半戦のティリチョ湖へ

6月5日

シリカルカ4076mを6時55分に出発、ティリチョBC 4160mに9時36分着。
この間に、山崩れポイントがある。
ガイドは数年前に、ここで落石で怪我をしている。
だから、風の少ない早朝狙ってきたのである。
山肌のトラバースが崩れまくって、道が細く、片足しか置けない場所多々あり!
なんともそこで止まってるのが不思議なぐらいのデカイ石に、奇妙な形の岩山いっぱい!
かなりの急斜面のトラバースである、間を開けて一人ずつ、速めに、カメラ禁止令が出た。
しかし、帰りは慣れてしまって、隠れて動画を撮ってみた。
すぐ、バレてたけど、、笑!
お~結構危ないやん、まじ、危ないやん~、でもカッコいいなーここの雰囲気!
誰かか潜んでるような、、ムスタンの洞窟も好きだけど、この奇妙な雰囲気も好きである。
でも、一歩でも足を滑らしたら、ジェットコースターのような斜面で谷底へバイバイ。
通らせて下さい、宜しくお願いしますと、気持ちになった。
そこを完全に突破するには、ビスタリで一時間。
冬は確実に無理だろう、その為か?カルカがあるのか?、アッパールートもあった。
アッパーは、かなりの巻き道、高度もあるし、、キツそうー!
昨日出会ったカッブルも途中まで一緒だった。
彼女はドイツ人、彼は日本、オーストラリア、そしてドイツも入ってるような、、。
美男美女カッブル!
シーズンオフだけど、想像以上に外人の個人トレッカーがいる。
ちなみに日本人は会わず、いない、ムスタンで車で来てる奥様 チームに会っただけ。

そう、今ではもうアッパームスタン、チベットボーダーまで車がはいっとる!!
以前バラサーブからは一部開通してないと聞いていたが、全部開通しましたー!
ってことで、途中何度かJEEPに誘惑されそうになったけど、私は意地でも歩くぞと決めていた。
そのおかげで、行きたいポイント多すぎ&日数少ないくせに、フラフラになるまで歩くはめになったけど、笑!
ちなみに、JEEPの道と歩き時と同じとこもあれば、違うとこもある。
しかも、今、新たにルート作成の為のフランスチームとも遭遇した。
なんかバラサーブみたいや~、カッコいい親父やなぁ~と思った。
そして、後から聞いたのだが、彼らは、アッパームスタンからドルポに入る計画らしい。
うわーーそうなんやーーもっと話がしたかった、、、残念!
でも、今の時期は無理というか、ダメなんだけど、どうするのだろう?
知っているのかな?!強行突破?!
ムスタンの4月~10月、畑の季節は山を越えてDolpoに行ったら罰金。
谷ならいいのか?!とも思ったけど、ダメだろう、
行くと天気が悪くなるという昔からのからの言い伝えがあるから。
Tiji Festivalも、祭りの時は必ず雨が降ると言う。
雨が少なく乾燥してる、しすぎてる、そして風が昔よりも強くなっている。
環境が厳しいから大地のへの祈りが深く感じた。
って、ムスタンの話になっていた、、戻そう。。

ラウンドアンナプルナで一番多いのはイスラエル人!
雨季に入るだろうと思っていたんだが、今年は遅いみたいでラッキーだった!
雨にやられたのは、一度だけ、ムスタンで、雨じゃないかな、雹だった。
ヒル対策もしてきたが、全然いらなかった。
そして、もっとラッキーだったのは高山植物が沢山咲いていた!!
ティリチョ湖の帰りなんて、お花畑だ!!
その為にワーワー言いながら写真撮って歩くのが遅くなりまくりで、、またもや11時間行動してて最終疲れた、笑!

ティリチョ湖に行くと決めていたら、いつもお世話になってるM田さんが教えてくれた。
ティリチョピークは、薬師先生のお山だよ~って!
そう言えばバラサーブのブログにも書いていた、その後、薬師先生の本を購入して読んだ。
ティリチョピークのとこだけ、今回コピーして持ってきた。
もちろんバラサーブのムスタンのブログも!
そして、M谷さんの奥様日記も一部!
現場に行くときは、必ず昔の足跡を読むことにしている。
だって、ほんまに凄いんですよ、今みたいな時代ではないから。
ものすごく想像が膨らむ、そして、先人の足跡に感動しながら歩く事でより楽しい。
たまにそこから外れたりすると、まんまと落とし穴にはまってしまう、、、!!!

ムスタンのルリゴンパからの帰り、ちょっと近道?!かも?!、谷へ探検してみたら、、、
谷が深くて深くて、、迷路にはまって、、ぬけれへんかった!!笑!
そこもまた意地でも抜けようーとガイドと頑張り?、抜けた時はめちゃ達成感!!
人があまり通らないのでアンモナイトを沢山発見した!
リアルに丸くてデッカイのん、その場で割ったらアタリ~\(^o^)/
割れてるのは結構見るけど、現場で見つけて割ったのは初めてで感動した!
でも、大きすぎて、、すぐ帰るなら良いがトロンパス越えるから拾うのはやめた。
また、話がそれた、、。

薬師先生のティリチョピークへは、結局雪崩や危険性を感じてダメだったと記録。
それを感じさせる出来事が何度もあった。
雪崩、落石、何度も聞こえた、ゴォーーーと唸るような音に、当時の様子を想像した。
先生のティリチョへのアプローチは、今回の私とのルートは違う。
最初は、私もジョムソンからのアプローチを考えたが、装備が増えるからやめた。
だから、トロンパスを逆から越える事になったのだ。

カップルの彼の方が、山を越えてティリチョ湖へ、行きなり行った。
ビックリ!!めちゃ遠回りやん、凄いな、きっと道はないやろうし、キッツいで、、。
彼女の方は体調が悪そうで、、数日BCにいたぐらいで、ビスタリ。
ってことで、別れて歩き始めた。
私達は、BCで休憩し、10時17分出発!
ガイドはビスタリ4時間と言っていた。
写真撮って休憩して、ほんまビスタリ、高度差800mぐらい、途中激登り!!
外人みんなジグザグ~と言っていて、英語でもジグザグは、ジグザグ?!なんやと思った。
登りきったらだった広いところへ出る、そこで休憩して、暫くすると残雪と雪解けでちょっとした湖が出来ていた。
そこで彼女とすれ違った、行けたんだ、良かった~、体調が悪そうだったから心配してた。
彼は?と聞いたら、会ってないという、大丈夫だろうか、、、?!
私達は、14時半ちゃーく!!ほんまビスタリ4時間!
また、ここで一時間も遊んでしまった、笑!
だってね、絶景なんです、ここにくるまでも抜群の景色でしたが、、!
そして、反対側を見て先人の足跡を想像するんですわ、笑!
で、今回、またもやマイブームのハンモックをここで広げてみた。
風にビュービュー吹き飛ばされつつ、ガイドとポーターに助けてもらいつつ、木がないけど無理矢理設置!!面白い?!写真が撮れた、笑!
ティリチョ湖は、世界一、標高の高い湖、4990mにあります。
後で知った、笑!そこは気にしてなかったけど、ラッキー!?!
ここにもちょっとした小屋が出来た、シーズンオフだから閉まってるけど。
このコース、トラバースの山肌が危険やけど、山が近くで良いです!!
写真は帰国後に~\(^o^)/

15時37分、ティリチョ湖出発~、17時50分ロッジ着。
本日もまた11時間行動です。
ほんま、一人で来たら色々と遊び好きてしまう、、、!
ガイドとポーターがいるから出来る事で彼等に感謝!
ありがとう~\(^o^)/
これが全くの一人だったら時間計算せなあかんし、余裕はないだろう。
特にティリチョ湖へは、色んな計算がいる。
あの山崩れのトラバースは、風の少ない早朝がよいし、シーズンを考えないと行けない。
道がほんまにすぐなくなりそう、雪の季節は装備いるやろうし。
ネパールトレッキングの一般的なルートは、ガイドなしでも行けると思う。
宿が沢山あるし、人もいる。
がーー、たまに行方不明のチラシをみる、最近の事だ。
日本人も昨年末の行方不明者、カグベニで亡くなっていたらしい。
一歩間違えたら、やばいことになるので気を付けましょう。
日本の山でも同じことだけど~

ネパールでは、ガイドやポーターと山を歩く事でよりいっそうネパールを感じさせる。
今回のガイドは、一番付き合いの長いシェルパでした。
今は彼の会社でツアー企画しているので、今後の計画も話出来て良かった。
ポーターは、初めての人だった。
途中、他のポーター同士でお酒飲んでケンカしてしまい、解雇しようと思ったが、次の日から反省してお酒やめて最後まで飲まなかった。
小柄だけど、馬力があって足は強かった。
リアルにハードなポーターの世界を話してくれて、厳しいネパール生活も感じさせられた。

次のトレッキング日記は帰国後!
by talkeetna6194 | 2014-06-09 06:37 | Upper Mustang. 2014

Upper Mustang ポカラ着!

ポカラ着~!
一日早く降りてきたー!
車が予定以上に走っていて、乗り継ぎがこれでも上手いこといった~
デレ~ガルミ~!
めっちゃあついーー!

今朝、ベージサハールに到着し、マイクロバスにタイミング良すぎて乗り込めた!
腕がヤバイぐらいにやけて、すでに、シミになってる、、、
これは、ムスタンで刻まれた?と思うことにする、笑!


6月8日
最後は、車が通り始めたら乗り合いJEEPに乗ろうと決めていた。
マナンでは、バイクも走りまくり、、もう歩いていても気分がなえるので、車が入ってるところでゴールとする。
バイクや車が通った後の排気ガスや、土埃が半端ない。
予定では、チャーメから走ってると思ってたらその前のバルタンからすでに車がいた。
ガイドとは昨日マナンでバイバイした、ドイツに行くので大使館に行かないと行けないから。
なので、ポーターと二人でラスト3日を楽しんだ。
バルタンで相場より高く吹っ掛けてきたから無視して歩いた。
すると暫くしたら車で追いかけてきた、笑!
やった、勝った勝った、車もきれかったし、窓ガラスもあるので、乗った。
しかし、チャーメで車も運転手もチェンジした、あれま、最悪、窓ガラスない!
またもや土埃まみれやん、、走りゃーええけど、、。
オフロードというのか、ほんまに物凄いとこ走る、途中何度もそれは無理やろー思っても、難なく突破する、車内で歓声が上がるぐらい、一歩間違えたら谷底に落ちるんだが、、、
で、数時間は順調だったが、、ゴリーーーっ!!!音がなった、、あ、、、やってもうた?!、、、
動かなくなった、、チーーーーン、これにて終了かー!?
ダイレクトにベージサハールまで行く約束だったが、
そんな上手いこといくはずないよね、ここはネパールだったわ。
ここどこやねん~、とりあえず直そうとするが無理やろ~とサンタクロースのような髭の持ち主のオーストリア人と話す。
そして、彼は歩いて行ってしまった、私らもそうするしかないな~とポーターと相談。
一時間ぐらい様子みたがやはり無理なので、みんなで歩きだす、どこまで歩くか?!
地図ないし、ポーターのみが頼りで、、なるようになるか~、とりあえずカメラをザックに入れてダブルストックで歩くのに専念し、ポーターについていくが、やっぱ速いー、追いつかん、、、しかも汗だく、めちゃめちゃ暑いー!!
どのぐらいたったかなー、もう必死やったのでわからん。
Dolpoからの帰りもそー言えば、こんなんやったなぁ~、場所は反対側?やけど。
あんときは、デカイ落石の石が落ちていて道路が封鎖?!、バスがストップしてボッカするには四人では無理だったので急遽その場にいた現地の人にボッカ依頼したなぁ~と思い出す。
すると後からJEEPがきた!
私は叫んだ、アルズンー!!JEEPがきた! 乗れるかも!!
そんなこんなで、このJEEPに拾われシェンゲイ村に17時頃到着。
とりあえず日が沈むまでに落ち着いて一安心。
JEEPが走り出してっていっても、ほんまにボコボコの道、ネパール人の運転さばきにはいつも惚れ惚れさせられる。
どこで練習するんだろ?!現場のみかな?!
あ、そう言えば、サンタクロースのオーストラリア人とバスで再会。
写真、一緒に撮ったら良かったなぁ~ほんまにサンタさんみたいやった!!
by talkeetna6194 | 2014-06-08 21:18 | Upper Mustang. 2014

UpperMustang 後半戦の難関突破!

6月3日

今回のメインは Upper Mustang。
出来るだけ長く滞在したかったのだが、特別な許可書が要るために12日間だった。
その期間内でなんとかひとまずの行きたい場所には行けたけど、やはり入れば入るほど奥が深く、Mustangの興味が深まった、また調べたい事が沢山出てきた。
その前半戦が終わり、そのまま帰るのはもったいなく、この辺りで歩いたことのない地域を出来るだけ歩いて見て帰りたいと思い、後半戦ルートを考えていた。
トロンパス~ティリチョ湖~マナン~チャーメ。
カグベニ~ムクチナートは歩いたことがあるので、省いてJEEP乗ってみたが、、お尻が痛くて、、途中で降りた、、笑!
そう、車内はパンパンだったので上に乗ってみたのだ。
ポカラでもバスの上に乗ったことあるしいけるやろと思ったら、甘かった、、ここは山でした。
ムクチナートは、変わりすぎていた、、、プチショック。
今ではトレッカーよりも、インド人やネパール人の巡礼者の方が多いみたいだよ。
サドゥーがいっぱいいた。
NAR、PHUGAONも入れたかったが、これはまた次回。

で、今朝、後半戦の難関を無事に突破!
UpperMustangのおかげで、高度順応は完璧だった。
このルートはアンナプルナラウンドの逆ルートで、高度差に問題があった。
トロンパスは、5416mで、手前の小屋は4100m。
この高度で一気に1300mのアップだ。
普通はやらないが、逆ルートだから仕方がなくてムスタンで順応出来てるであろう?!
計画である。
ちなみに、この逆ルートで歩いてる人は一人もいなかった、クレイジーとも言われた、笑!
3800mのローマンタンに四日間いたし、4000m代のの峠を数本越えてきたから、
いけるだろう?!たぶん!! と思った。
で、想像以上にいけた~、身体は高度に完全に順応してる感覚、これはDolpoで学んだ。
正直心配で、時間も凄いかかるだろうとガイドも思っていて、朝も早めに出た。
3時出発予定だったが、遅れる、笑!ネパールタイムだから仕方ない。

3時40分スタート、満点の星空でのスタートである。
焦らずビスタリでいこう、マイペースに、、呼吸と足のリズムを合わせるんだ。
身体中に酸素がいきわたるイメージで、身体の中で、風を感じる。
すると山と身体が一体化してきた、そう、これだ、きたきたこの感覚、これならいけそうだ。
でも、焦らずマイペースにビスタリを保つ。
ポーターは、もうとっくにパスを越えた、ガイドはずっと前にいる、でも焦らない。

7時25分、朝日が登ってきた、と同時にヒマラヤが顔を出す。
アッパームスタンからみていた山々と今度は逆にいる、これ、面白い、笑!
そして、Dolpoへのルートも見えてきた、これまた、かなり、面白い!!
Dolpo横断の最後、もしくはスタートからムスタンが見えていた。
あそこにいて、あそこからきて、あの峠にいて、あの山々の向こうにいたんだよなぁ~
ここ数年、この辺りをウロチョロしすぎか?!笑!
いや、でも、こうして繋がってきてかなり面白い、帰ったら今まで歩いた道を線にしてみたい。

7時45分、?!あれ?!もしかして、自転車!!!
うわー、チャリダーケンジに見えた、笑!
一人でウケル!!
凄いなぁ~こんなとこまできてるよ~ 5000は越えてる。
でも、今はこのラウンドアンナプルナのコースも、低い地域は車もバイクも入ってきてる、道が広くなったから、これからどんどん増えるんやろなぁ~と眺めていた。
すでにパスを越えてきて、下山を自転車で飛ばしてるムービーをネパリが撮影していた。
パスからムクチナートまでの下山は、崖っぷち歩くわけじゃないから走りやすいだろう。

9時53分、トロンバス到着ー!5416m。
思ったよりも早かった、登り続けて六時間だ。
8時間かかるだろうとガイドは思っていたらしい、彼も逆ルートは初めてだ。
完全に順応してる証拠でもあり、勉強になったなぁ~
ってことで、一時間弱、パスで遊んでしまった、笑!
何人かすれ違う、オフシーズンだけどチラホラいる、外人の個人トレッキングばかりだ。
オフだから小屋は開いてなく、風がボチボチあったけど、ムスタンでの風の体感の後ではどってことない、笑!
ほんま気を抜いたら吹っ飛ばされる風、息が出来ないぐらいの風だから。

10時40分下山開始!
下山は、楽だぁ~と調子に乗るといつも頭痛くなるから気を付ける。

11時半、ハイキャンプ到着ー!4925m。
ポテトチップス食べて休憩する。
これが食べすぎた、後でとんでもないことになる。
調子悪かったらここで泊まる予定だったが、元気なので続いて下る。
13時7分、出発!

13時30分、BC到着ー! 4450m。
元気そうやから、もうちょい下ろうか?、ガイドがいう。
もうちょい言うても、二時間半ぐらいかかるやん、
そうなると今日の行動時間また12時間突破やんーー、またもや?!
今すでに10時間ですけど、、。
そんな頑張らんでも、、
どっちでもいいよ言うから、私は寝ることにした、笑!
昼寝~!

5時28分
雨がふってきた、目覚める。

夜中
下痢になったもよう、、笑!
あれ、調子悪かったっけ?!
ポテトの食べすぎか?、油にあたったか?、気持ち悪く吐く。
下痢止め飲んだ。

そして、下痢は一日で治った。
ロペミン、良く効く、前も飲んだらすぐ止まった、今回もだ。

トロンパスを無事に越えた、次は最後の楽しみ、ティリチョ湖だ!
by talkeetna6194 | 2014-06-03 17:31 | Upper Mustang. 2014

Upper Mustang カグベニに下山!

6月1日

昨日、カグベニに下山!
前半戦終了しましたー!
許可書が一日減った為に4~5日かけて行くところを3日で歩き、ローマンタンに着くまで毎日ほんまフラフラになっていた、笑! 千鳥足~!
目的があったから頑張れたけど、アッパームスタンは、ルントレッキング!
ルンは、風、この風が半端なくふく、荒れる、吹き飛ばされるぐらい、昼過ぎたらほとんどだ。
富士山頂ぐらいの高さで、峠は4000を越える、風が強くて息が出来ない、そして前半は、まだ身体が高度になれてないので、身体が重く、息が出来ない風のおかげで初日は高山病になった、テント場着いたら即寝!
そんなこんなで、詳しくはまたblogアップ、一番感激したのを書いてみる!
3つあるんだけど!笑!

Tiji Festivalは、想像以上に良かった!
祈りの世界での伝統的な御祭、Dolpoとはまたちょっと違っていて、
ムスタンの独特な大地との繋がりを感じた。
最終日が特に違って、大地に祈りを捧げ、大空にヤリを飛ばすように銃を打った。
危なくないように中身は偽物で、それをラマさんが拾って、私にくれた。
?!まじ?! 嬉しすぎ!!
そして、周りが騒いでいたからなんだろう?と、思っていたら、、
虹が出ていた。
虹が出る、それは私の中でGoサインなのだ、10年前の未知踏進で出た時と同じだ。
大地からのメッセージ、この最終日でのこの絶妙なタイミング!

ツァーランのゴンパに慧海がいた。
ここで、115年前、3ヶ月ほどチベットへの越境を狙いながら滞在していた。
日本人だけど、慧海のこと知ってる?と聞いたら、小さいラマさんが日本人なら
古い方のお寺にいるよって言った。
その本堂に入れてもらって、その後ろ?が、、無理矢理入れるぐらいのスペースを潜り抜けて入り、慧海の銅像発見!!!
私一人、感極まって号泣ー!! 笑!
まさかの銅像、いるとは思ってもなく、ビックリ感動、意味わからんくなってほんま号泣!
よーきたなーお前、こんなところまで、よーきた、よーきた。
と、言われてるような気がした、笑!
あなたのおかげでここまで歩く世界と出会えたんだ。
感謝の気持ちでいっぱいだった。

18歳でリウマチになって歩けなくなるかもと思っていた20代。
慧海もリウマチだったことで運命を感じ、笑!、慧海ルートを歩き、まさかの山に目覚めてここまで歩いてきた。
そして最後の未知踏進のゴール、カグベニ!
慧海の足跡を追いかけて、10年が過ぎた。
チベットカイラス行って、まさかのドルポに3度も入り、そしてやっとこれたアッパームスタン。
あ~ほんま色々あったなぁ~と、思いが駆け巡った。

Tiji FestivalでのGoサインがこれからの歩みにまた一つ、私の道標になりそうだ。

今日から後半戦、トロンパス越えてティリチョ湖へ、通常の逆ルート、そしてシーズンオフ。
小屋は頼んで開けてもらうことになった。
高度差がかなり厳しいから、ちょっと心配。
4500までは、完全に順応してるはず。
ビスタリ越えれますように。
by talkeetna6194 | 2014-06-01 21:44 | Upper Mustang. 2014

日常への旅


by talkeetna6194
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30