Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

バラサーブからの手紙

やっほっー!
今日、家帰ったらバラサーブから葉書きが届いてた。
カトマンズから出発前に、注意点などなど書いてある。
さっきは凹んでたからの、とっても嬉しいのだ^^

しかし、絶妙ーーーな、タイミングで届いてますがな。
今日ほんまに地図を眺めて、私なりに想像していたとこですやん。
スケジュールの変更あったりしたので、記入してまで計算?していた。

後発の私に、手紙なんて送ってくれるなんて思ってもみなかった!
凄いな~さすがバラサーブであります~!
この心遣いにとっても感激しておりますわ!!
ありがとうございます~☆
e0111396_062118.jpg

この黄色のラインがこの一ヶ月の予定
e0111396_082639.jpg

by talkeetna6194 | 2009-05-28 00:09

アップップー

そろそろ本気?モードで準備を進めている。
なかなかスポンサーも難しく、OKもらったり、NGだったりと、凹んでる暇はない。
でも、凹むよなーーーだっていけるかも!?って思ったからーー笑・・・

OK頂いたA社のU様、こんな私を応援して頂き心から感謝します。
ありがとうございます!

NG・・・そんなことで凹んでたらあらん、今頃バラサーブ達は、ヒマラヤなのだから!

こないだ5月17日に出発して、20日は、ネパールガンジーへ、そして21日にはジュムラへ移動してるはず。

ララ湖を出て、ガムガディ、マングリ、ムグの各村をムグカルナリ川沿いをアプローチしてコジコーラの出合、プラノムグ(旧ムグ村)3600mの最初の順応(一週間)

休憩後、ナムジャ・ラ(NamjaLa)4986m国境標識13番の峠へ。

周辺は、ポカリ(池)が多数あり、BCを設ける。

Ladok kang Dada(ネパール名)、Runglei kang Ri(チベット名)、ルンレイ・カンリ(中国名)という。

1座目 Kaptang 5965m(Kanti Himal)(karnali)(N29 55 35 E82 34 32)アルパインスタイルでこの北西壁のど真ん中を登攀する。
BCの北には、大きなランリラ・ポカリという湖がある。
BC到着6月上旬、10日頃の登頂タクティクス。

fotologueアップしました~
http://fotologue.jp/denali/
今回のテーマは、マイフィールド。
e0111396_18534555.jpg
ってことで、裏山&家の近所~
by talkeetna6194 | 2009-05-27 18:55

ユルユルキャンプ&ガッツリ山歩き

去年の夏の終わりにきた大普賢岳、ゲリラ雷雨にあった場所であり、すっごい楽しかった場所でもある、その時にシャクナゲの木がたくさんあったのでシーズンにまた来ようと約束していた、っで、Kちゃんキャンセルになった為、Bちゃんと初デートである!
Bちゃんは、カナダ・ネパール大好きっていうか、めっちゃイってしまってる?!笑
話聞いてたら....いろんな国を旅されてますわ、控えめながら自分の意思が強い、行きたいと思ったら何がなんでも行ってしまう、パワフルであります~
e0111396_14441584.jpg

2回目だってことで、お昼に出て夕方までにテント張ればええかね~
ちょーーーーーマイペースこのコンビ、ユルユルキャンプのはじまりはじまり~
千早から車で3時間半くらいやったっけ?ずっと喋っていたので、早かった!
すぐさまテントはって、お~ええ場所や~やっぱし^^
そのテントの中に・・・・虫が死んで固まってそれを取ったら穴が開いた・・・・・。
やっぱりチェックしといてよかった・・・
e0111396_1446676.jpg

平日の夜なんて、誰もいな~いい、貸切っす、イエイ!
ちょっと焚き火とかやってみる~!?
じゃー、木を拾いにいこう~、ついでにヤクの糞でもあればええな~とか言いつつ。
木は、落ちてる木じゃなくて、引っかかって落ちてない木を拾うのがポイント!
って、確か・・相方が言っていたな~!乾燥してるからだって!なるほど!
森からの恵み、燃えやすい木の皮・・・あれ・・・名前忘れたな・・・笑
油を含んでるとか言っていたな~・・・でも忘れた・・・忘れてばっかりや。。
まっえええか^^なんとなくではじめてみる。
木の組み方もその時を思い出しながらやってみたりするけど、、チーーン。。。
何度も失敗する、、火は難しい・・・着火剤とかあれば・・でも使いたくない!
燃えやすい枯れてる葉っぱ?なんだろう?周りにいっぱい落ちていたのを集めて集めて火の勢いを出す、出す出すーーー二人とも必死・無言・必死・無言・・・
うーーーんん、、、、何かがあかん。。
っで、また近くをウロウロヒントを拾いに、、あーー、これってどうなん?
炭みたいに真っ黒になった燃えた木、炭と同じかな?!
e0111396_14594143.jpg

イエイ!!!火が安定し始めた!!!やった~!!最高に嬉しかった^^
凄い時間かかったけど、初めての火!いつも誰かにやってもらっていた、簡単そうに見えて・・・・難しいや・・・でも、めっちゃ楽しい!
御飯食べて話は尽きない、朝まで喋れる勢い、でも明日は山登りやでー、早く寝やな、山では早寝早起きやで~とか言いつつ・・・ウダウダ喋るそれが楽しい^^
先週、バラサーブ隊に参加した女子が集まり、今後のヒマラヤ計画の話が出た。
そこで、女子隊を作ろうじゃないか!?っっで、すぐさまノッタ~!
すでに闇に考えてる計画もあるし、チーム?作ったらまた範囲が広がるかも?!で、それをBちゃんにも声かけてみたら、迷う暇なし、ノッテきた~!
で、そこから野望に満ちたプロジェクト話で盛り上がり、ヤバイ、このまま朝まで喋れるわ~でも寝ようーーーーーー!!

今回の目的は、シャクナゲ&地図&コンパス&カメラ&テント&ソーラー&足慣らし&装備チェックが目的である~!

山は、一度歩いてるので余裕があったのか、喋りすぎ!?!
でも、足慣らしには、ちょうどよかったね、マメが出来かけてたけど・・・。
最大の目的は、シャクナゲだったんだけど想像以上に少ない?!もしかして?!
しかし、このお山はバリエーション豊かだなぁ~
天気良いから新緑も気持ちよくて~
e0111396_1534277.jpg

展望も良いし~
e0111396_15224840.jpg
、コケコケ地帯もあるし~今回は晴れて枯れぎみやったけど、前回はめちゃ綺麗!
そして、根っこ地帯~屋久島みたいっ!
e0111396_15473417.jpg

シャクナゲと大普賢岳~の予定やってんけど、シャクナゲ少ない・・・
e0111396_15515984.jpg

シャクナゲと稲村ヶ岳~の予定やってんけど、シャクナゲ少ない・・・
e0111396_15525214.jpg

本来の目的もある足慣らし、そろそろ靴を買え時なんだよなぁ~。
どこに行くのもこれ、お守りみたいになっていた。
でも、もうなおらないと言われた。。。汗と涙の思い出いっぱい?!!ありがとう!
e0111396_15544282.jpg

そして、勉強?地図&コンパス、面白い!!コンパスの面白さがわかった^^
e0111396_16161181.jpg

ウダウダ喋りながら、気がついたら押しに押し捲っていたけども、昼にはちゃっかりラーメンを食べるんだぁ~、休憩タイム~!
e0111396_1619366.jpg

前回、この辺りではガスって真っ白だった、そしてダッシュしていたから、全然気がつかなかった、こんな滝があったとは、発見!!
e0111396_16242671.jpg

この写真では、わからんけど、結構な流れの落差だった~!
カメラチェックは、やぱっり登ってる歩いてる時は、コンパクトがいいな。。。
ニコンF4、リュックに入れてると気にならないんだけど、撮る時や首に下げてる時、重い・・・やっぱり私には重かった。。。
でも、現像上がってくるのがかなりの楽しみ~!
e0111396_16361030.jpg

しゃくなげ
e0111396_16505074.jpg

生命って不思議だぁ
e0111396_16514830.jpg

ゲリラ雷雨から非難した時の岩
e0111396_16525446.jpg

気がついたら11時間くらい歩いていた~でもしんどくなかった~それは楽しかったから^^^^^^^^久々にがっつり遊んだ、ありがとう~!
e0111396_1725338.jpg

えっと、今バラサーブから最後のメールが入った。
エベレストは昨日第一陣70名が登り、明細は不明です。
今日も何人もの登頂者が出るでしょう~!!とのこと。
4時発で48℃の快適気候のネパールガンジへ。
めっちゃ暑いやん・・・・
by talkeetna6194 | 2009-05-20 16:36 | 日常日記

ヒマラヤ遠征・日程変更のお知らせ

ヒマラヤ行きがちょっと早くなり日程変更になりました。

おとついバラサーブから連絡が入り、ランタンからお帰りでの報告が入りました。
ランタンリルンの北壁は素晴らしい壁で、まだ誰も登っていない。
北側へ行ったのは23年前のUSA隊だけだが、事故で失敗されたとのことです。
そして、天候がいつもと違うらしいので日程変更です。

6月23日(火)~8月5日(水)まで、ヒマラヤ遠征の為、MERCURYはお休みさせて頂きます。
帰国後の6日から通常営業しますので、よろしくお願いします”

昨年体調を崩してたので、復活第一弾?!2年ぶりのヒマラヤになります。
毎年、当たり前のように旅に出かけていました、それは大きな間違いでした。
この一年それをとても実感し感じさせられ、また旅から山からたくさんの事教わりました。
そして、家族やお店にお客さん、そして、バラサーブに隊員の皆様、周りの支えなしではここまでこれてません。。。
またこうして行けること全てに感謝です、ありがとうございます!

今回も2年前と同じ登山隊で私は途中参加の途中抜けです。
登山隊は、ムグでの未踏峰の山々を登りに行き、その後、私は合流してムグ~トルボへの横断トレッキングです。
西ネパールになりまして、情報のない地域でいまいち想像がつかないと思いますので、
映画「キャラバン」エリック・ヴァリ監督をお時間のある時にでも見て下さい~!
ツタヤでレンタルありますから!
トルボでの現地撮影で伝統の暮らしを描いてます。
その中でターコイズ色の湖が出てきます。今回の私のゴール地点です。
ちなみにこちら~。この山肌を這うように道?があるはず!?!!
e0111396_10284863.jpg

ここを目指して最後まで歩き続けたいと思います!!!
2年前、トルボへの旅を初めて経験して私は個人的にここ以上の旅の場所は見つからなかった、なので私の勝手ないつもの思いで西ネパールをテーマにこれから撮影していきたいと思ってます、笑。
こんな私ですが、いつも応援して頂きほんとに感謝しています。
心からお礼を申し上げたいです。ありがとうございます!!
出発まであと1ヶ月ちょい、またお店でお待ちしておりますのでどうぞよろしくお願い
します!

本隊は、明日17日出発です~!

カトマンズからジュムラへ陸路で移動計画だったが変更になり、ネパールガンジーまで空路で移動。

ララ湖を出て、ガムガディ、マングリ、ムグの各村をムグカルナリ川沿いをアプローチしてコジコーラの出合、プラノムグ(旧ムグ村)3600mの最初の順応(一週間)。
休憩後、ナムジャ・ラ(NamjaLa)4986m国境標識13番の峠へ。
周辺は、ポカリ(池)が多数あり、BCを設ける。
Ladok kang Dada(ネパール名)、Runglei kang Ri(チベット名)、ルンレイ・カンリ(中国名)という。

1座目 Kaptang 5965m(Kanti Himal)(karnali)(N29 55 35 E82 34 32)アルパインスタイルでこの北西壁のど真ん中を登攀する。
BCの北には、大きなランリラ・ポカリという湖がある。
BC到着6月上旬、10日頃の登頂タクティクス。

2座目 Kojichawa Chuli(6439m)Kanti Himal Karnali(N29 50 10 E82 38 47)
コジチャウ・チュリーの接近路は、コジコーラの出合、プラノムグからムグコーラの白樺林を2.5km北に行った、左岸へ流れ込む、コジチャワコーラに入谷して、4600mにあるポカリにBCを設けて氷河の5500mにハイキャンプを設けて、西壁を約1000m直上する。

3座目 カプタン峰(5965m)、
4座目 Apsi (6254m)(N30 02 40 E82 20 17)
5座目 Nagomodeingding(6133m)(N30 00 01 E 82 22 40)と西の秀峰で鋭峰(5825m)(N30 00 40 E82 22 40)
6座目 Nepka (6024M N29 49 27 E82 17 50)

このタンケコーラの4つの未踏峰を試みる、ベースはカンラ・コーラの出合に設ける。

そして、私は現地ムグ村にて合流っ^^
会えるかな、会えるだろう、会えない?!っと、どないなるねん!?!!
がんばって高度順応して、体調を整えて行きたいと思いまっす!
by talkeetna6194 | 2009-05-16 10:49 | MERCURY (旧店舗)お知らせ

Himalaya メモ 4 先蹤者たち

まず、ネパールの歴史について少し触れてみる。
18世紀の半ばから始まったラナ家による専制統治から約200年のあいだ、ネパールは厳重な鎖国政策のもとに置かれていた。
1814年に起きたイギリスとの戦争は、1816年、インドのスガウリでの講和条約で終結し、それまでゴルカの領土拡大政策によって併合領有していたインドのクマウンやガルワルを放棄して、ほぼ現在のネパールに近い領土が確立された。
その後の協定によって、カトマンズにもイギリスの公使の駐在が認められるようになったが、その駐在官でさえ、ネパール国内の限られた地域以外に旅をすることは禁止されていた。
インド政府もまた、イギリス人が北の国境を越えることを禁じていたため、ネパール国内は依然として全くの地図の空白部のままだったのである。
当時、インド全土からチベットにかけての測量を進めていたインド測量官は、なんどかその空白部を埋めるべく、ヒマラヤの山地民の選ばれた者に測量についての教育を施し、ラマ僧、巡礼、商人などに変装させて、測量員を送り込めないヒマラヤ諸国やチベットに密偵として送り込んだ。
彼らは、パンディット(ヒンズー教徒の学者の意)と呼ばれた。
彼らが活動したのは、1865年からのほど20年ほどの期間であったと思われる。
数珠の玉を108個から100個に改造して歩測計としたり、携帯するマニ車の中に記録紙を忍ばせるなど、まともな測量器具がないなかでも、彼らはかなりの精度の高い結果を持ち帰ることが出来た。

西ネパール内部の旅の記録としては・・・・。

1865年にマニ・シンというパンディットが、カトマンズから西に横断してインドに帰還。

1873年に、西のインド国境ピトラガールからカリガンダキに出て、ムスタンからチベットのツァンポー河沿いのタドムを往復してカリガンダキ河を下った、ハリ・ラムというパンディットの記録がある。

また、スウェーデンの探検家、かのスウェン・ヘディンは、彼の第3回チベット探検の途中、1907年7月4日に、北側のチベット高原の、もっともトルボ地方に近いあたりを通っているが、ヘディンは、その膨大な学術報告書「サザン・ティベット(南チベット)」の中で、記録している。

ネパールの近代化に貢献したことで名高いラナ家第六代の宰相チャンドラ・シャムシェールは、1923年、英国とのあいだに友好条約を結ぶことによって、ネパールの完全な独立を公式に認めさせ、インド測量官に対し、初めてネパール全土の測量と地図の製作を許可した。
これを受けて1925年以降数年にわたって、初めてのネパール全土の測量が実施された。

ネパール開国後直後の1950年から、いち早くネパール全土の広範囲を歩いたのは、スイスの地質学者トニー・ハーゲンであった。
西ネパールでの足跡は、ツァルカからインナー・トルボには入ってないようである。

ってことで、先に述べたパンディットの探検を除けば、トルボを歩いた外国人は、1900年の河口慧海が最初だったということになる!

そして、トルボの地に、はじめて本格的な民族調査を行ったのは、1958年の川喜田二郎氏を隊長とする西北ネパール学術登山隊であった。

川喜田隊長の報告、(西北ネパールの山旅、山岳1959年号)の冒頭の文を少し引用してみると。。。

トルボがどうして私を惹きつけたのだろう。
ある一つの理由は、地図を開いてみればよく判る。
つまりそこは、ネパール領内で、一番高い土地なのである。
もっと東に行けば、マナスルとかエヴェレストとか、カンチェンジュンガといった高峰は沢山あるが、それらの地方は、山だけが高くて、谷間は案外低いのである。
トルボより西北へ行っても同じで、低い谷間からアピ、ナンパとかの高峰が孤立してるにすぎない。
これに反してトルボ一帯は、格別高い山こそなかれ、土地全体は、ヒマラヤ切っての高い地方である。
そこは、トルボこそまさにチベット高原の一角というべき「世界の屋根」であろう。

{引用 写真集  ドルボ 大谷映芳   解説・吉永定雄}

e0111396_17263946.jpg

世界の屋根・サルダンより
by talkeetna6194 | 2009-05-13 17:06 | HIMALAYA

30〜31日、バンガロー泊まり募集中!

5月30、31日 滝畑キャンプ場のPARTY参加で、テントないねん、寝袋ないねん、でも遊びに行きたいねんって声がチラホラありまして、、考えました。

バンガロー8人用、8400円!を、みんなで借りたらどない?

適当な人数で借りたら安く遊べるんちゃうう??ってことで、募集します。

私は、とりあえずテントも寝袋も持参っすけど。。。
自分だけかい!?!って感じやけど、、笑
(だってね、私のテントは単独の山用、PARTY向きじゃないんです)
一人しか寝れないのよ。。。

あと、毛布レンタル300円、コタツレンタル1000円です。

バンガローは、予約した方が確実、でもキャンルしたらキャンセル料がかかる。

どないしましょー。

とりあえず行きたいけど、テントや寝袋持ってないねんーって方、早めにメールでも下さい〜!!

朝まで寝ずに遊べば、寝床はいらないけどね〜!
でも、山ん中、寒くなっちゃう~

よなよなキャンプファイヤ~、っと、今、連絡入った。
ってことで、暖炉とれます、火あります~!

そして一部変更、駐車場代で500円でお願いします!

私は、最近夜遊びしてないから、眠いだろうな〜っ。

GWは、終わりましたが、遊ぶ季節はこれからが本番!?!

こないだ裏山にて、新たな道発見?!!
っていうか、通りすがりで教えてもらった。
金剛山のお花の森?!
ここが金剛・・って思えない世界だった。
シャクヤク
e0111396_0515291.jpg

この日は、雨上がりで神秘的だった。
e0111396_0581253.jpg

毎週チェックしにいこうと思う〜お気に入りの森見っけ!
しかも、裏山にて^^
今年はちょっと遅いみたい、これからが満開!?
by talkeetna6194 | 2009-05-08 01:00 | 日常日記

5月30~31日、PARTYのお知らせ!

GWはいかがお過ごしですか~?
MERCURYは、月曜日・火曜日も休まず営業してますので、お暇でしたら遊びにでも来て下さい~^^^^^^
ちなみに今日はMY・BIRTHDAY、一人でお決まりの誕生日登山をして、
e0111396_2211132.jpg

庭先にシャクナゲを植えました~!!
e0111396_22121371.jpg

(左が2年前、右が今年・ちなみに去年のシャクナゲ、パクラレタ・・・ショック・・・)

っで、本題に入ります~。
5月30(土曜日)お昼~31日(日曜日)お昼まで、滝畑キャンプ場(河内長野)にて24時間PARTYをします。(これ、誕生日とか関係ないっ)
友達が主催しておりまして、私は土曜日のみ、野外カット&簡単なエクステを出店しま
す。
場所はキャンプ場http://gt80.fc2web.com/camp/play/koutaki.html を借り切ってしま~す!
フードのブースや雑貨のブースもあり~!
今も出店募集中だと思うので、出店したい方はメール下さい。

もちろん持ち込みもありなんで お酒やら肉やらご飯やら持ち込んでワイワイしてるその側で バンドが演奏してたりDJが回してたり 踊ってたりって楽な感じでやります~!

泊まる方は食料、水、テントは持参で!

私はテント持参の次の日ここから出勤しますので、日曜日はMERCURY営業です!

もちろん面倒な方はフードブース・バンガロー(有料)があります。

よなよなキャンプファイヤ~!

山のこの季節、まだまだ寒い、暖かい服は必ず持参でよろしく~。
ちなみに私の家で(千早赤阪村)、夜は10℃以下になります。

今回ご縁のあったボランティア団体「てのひら」さん。http://www.geocities.jp/tenohira_trafficking/index.html
収益の一部を寄付する事になっているので出演者側も遊びに来てもらう人も全員一律1500円 (テント張り代込み)+駐車場代500円でよろしくお願いします。
e0111396_22162041.jpg
e0111396_22163867.jpg

by talkeetna6194 | 2009-05-01 22:20

日常への旅


by talkeetna6194
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31