Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

プチ岩遊び

火曜日〜

今日こそは、川へ行こうと思っていたが、、天気が怪しいかったので、岩遊び道具&温泉で御手洗渓谷へ行った。
雨っぽいのは、わかっていたので期待なしてなかった。
が、雨には当たらず、やっぱり晴れ女!?!
しかし、黒い雨雲は遠くに見た、その辺りに行ったら地面が塗れていたり、、トンネル越えたら地面が乾いていたり、、極地的豪雨を想像させらた。。。。
あーー、やっぱりやばいかもって思ってるうちに着いた〜
この場所に一時間ちょいって来れるとは、ほんと嬉しいのだ^^
e0111396_13455672.jpg

ここ数年毎年来るポイント。
去年、川の水が初めて臭った・・・ショック・・・
今年は、どうだろうか?!
いつもの場所へ〜
左の濃いー緑のところが飛び込みポイント。
右の岩場が、誰が登ってるだろうのポインド。
が、、水かさが増えていて、降りれないな・・・
e0111396_13442750.jpg


で、人がチラリ。。岩場に下りて行った。
クライマーだーー。平日のこの天気でもいるんだぁ。
どこから降りた??
で、私は、どーもデッカイ岩が気になる・・・
これ〜
e0111396_13532560.jpg

降りるポイント発見して後から着いて行った。
相方は、久々に岩を触って楽しそうな顔をしていた。
e0111396_1464212.jpg

私は、出来ないくせに^^ボルタリング風^^
足着いてますから・・・
e0111396_144736.jpg

っで、、これ、、、さっきから気になっていた岩君〜
e0111396_148995.jpg

何に見える?
e0111396_1485713.jpg

また、晴れた日に来よう
e0111396_14112438.jpg

by talkeetna6194 | 2008-07-30 14:11 | 日常日記

プチ沢遊び

毎日うだるような暑さが続くなかでのプチ遊び~

今朝はいつもより涼しかった~

ヤマユリが庭のあちこちで咲きはじめ
e0111396_12454261.jpg

向日葵がグングン育つ~
e0111396_1248231.jpg


あれ、今日は結構涼しいやん、、、川予定やねんけど・・・さぶいかも。
だから予定を変更して家の掃除・・・もぅ・・・・・あそびたい・・・・・・・・・。

すると、昼くらいから晴れてきた~
で、また予定を変更して近くの沢へ!!

妙見谷、私はまだ行ったことがなかった。
相方が一度だけあるという。
川になると妙なテンションになる?!
金剛山、いろんな顔があるんだけど、ここはどこ!?
ジャングルやん、道ないやん、沢やけど、、、、探検隊?!、、また?!
蜘蛛の巣、たぶんわけわからん虫があるだろう、と、完全カードで突入して行った。
私は、結構デリケートで虫に弱い、かぶれたりするから顔面ガード。
相方は、TシャツをINしておっさんスタイルで突入~
あっやしい・・・、なんでわざわざここを通るねん、、、って感じなんだぁ・・・
e0111396_12582130.jpg

腰を低くして、、、イノシシの目線??って、思ってたら見っけ。。
イノシシの寝床・・・
めっちゃ綺麗に整頓?されていた。。
e0111396_1317212.jpg

最近、近所でイノシシやウサギ、おサルが出てくるんだぁ~
猫も真っ暗闇で合うと意外にびっくりする。
だから夜は、ライトをつけて歩くようにしてる。

この谷は、沢登り初心者コースらしい。
沢歩きって感じで、最近は人が入ってないだろうっ、ボーボーやんん。。
たまに砂防ダムが出てきては、滝と間違える。
e0111396_1315172.jpg

で、途中から目印が出てきた。
なるほど、ボチボチ沢コースって感じになってきた。
e0111396_1321862.jpg

今までの道は、なんだったんだ?
そろそり気合を入れろよーーっと、言われ、ドキっとする・・・笑
すまん、すまん、ぼけーーとしてた?!
e0111396_1324042.jpg

このあたり、楽しかったな~
e0111396_13253588.jpg

ゴーール!
e0111396_13264127.jpg

妙見の滝
e0111396_13272977.jpg

天気が崩れる前
e0111396_13293184.jpg

このあと、ごっつい雨雲がやってきた・・・
by talkeetna6194 | 2008-07-30 13:30

本日ラスト~

ふたり展、本日ラストでございます~

月曜日は、バラサーブ&N君の登攀報告。

他のメンバーの方も参加していた。
初めてお会いしたディディゴAさん、Bさん。
ちなみに、私はトルボの遠征でディデイゴ1と名づけなれていた。
ディディゴとは、ネパール語で「娘」
お、娘やん?!で、良かった^^

マナスルエリアの未踏峰ツラギ西壁、7059Mに挑んだ

マナスルとは、8156mは世界8位である。
山名は、サンスクリット語で「精霊の山」を意味する。
初登頂は1956年5月9日に、今西壽雄・ギャルツェン・ノルブら日本隊!!

隊員のN君は、あれ、一度会ったこと?!と、思って話かけてみた。
やはり会ったことあった~

淡々と話す彼、もっと聞きたいな、突っ込み入れたかったわ^^
本人からの生の言葉は、何よりも良かった。
http://www.kg-ac.com/topics/061121.html

んで、やっぱりすっごーーーなーと思った。
7000Mの世界、私は知らない。
フィックスロープ、そんなにたくさん?!
キャンプ地点から標高差には、びっくりするのであった・・・
隊員のAさん、Bさんは、女性~
かっこええなーー!!
話が出来てよかった~。

っで、マッキンリーにも行かれてた、Bさん!
ノーマルルートなら体力あれば行けるよって?!
っで、聞いてみると、、そんな体力普通ないで・・・
って、凄い!!やっぱりかっこいいな!
っで、いつか行ってみたい・・・
今の私の体力じゃー行けないっすけどね^^

Aさんは、話ていると若さあふれるパワーを感じた~
これからがもっと楽しみだ~
立山から槍・穂・全縦走とか、、うっそん~!
やってみたいと思っているが、、やっちゃっていた!

うわーーやっぱりすっごいや、山屋の方は、やっぱり凄いや!
女とか関係ないってくらいのパワーを感じた。
何がって?
目だね、目が違っていた~

っで、単純な私は、まだ膝が完璧に治ってないけども、、、山に行きたい衝動にかられて。。。
次の日、個展会場へ行く前に裏山トレーニングに行ってみた。
笑ーすぐ影響を受ける自分であったー笑
来年に向けてトレーニング開始や~!

空が、アオい!
e0111396_1950030.jpg

山頂では24度、下界は34度くらいだから1000Mの差は、凄いね。
ちなみに私の家の地点は500Mくらいかな~
下界より涼しいよ~!

夜は、IスポーツのOさんが登場~
うわ、凄いや、日本山岳ガイド協会上級登攀ガイド~
っで、面白い方だった~^^
さすが隊長のお友達~!

で、一緒に昨年ネパールでカンテガ登ったMさんも久々にお会いした。
関東の方に引越しするみたいで、寂しいなーと思ったが、遊びに来て~と、お誘い頂き嬉しかった!

で、秋くらいに・・・Mさんの本、バラサーブの本などなど、、、話聞いてみたら、ドエライ量のドエライ山の本が、、私の家に~?!
図書館より凄い?!
これまだ内緒・・・
どないなるやら~^^
金剛図書計画中~!

で、昨日、火曜日は、Nさんの50年ぶりのツラギ峰を考える。

6時からの予定だったが、その前にチラホラ話をされていたので・・・・

今日は終わりや、とか??????????!
ほな、5分で終わる?!か!?。
冗談をほのめかしながら、、、ノホホーーンとしっかり、凄いことをされているのをサラリと5分以上、お話されてました!

50年前のことなんて、生で聞けるのはめったにないことである。
e0111396_1203538.jpg

一番印象に残ったのは、橋。

一度、バラサーブの家で昔の写真集を見てる時にみたのを思い出した。
それと同じだったーー、それを体験されているなんて、すっご・・・
なんていうか、言葉では説明しにくい。。。
竹と縄?で作って、川に沈んでしまうくらいになって、最後は沈んでしまうだ・・・

で、いっぱいーーー変わったけど、山だけは変わらないと。。。

ツラギも未踏峰で聳え立つのであった・・・

で、夜は、ベトナム人のぶーちゃんが登場!
2年前、ベトナムの山、ファンシーパンを一緒に登った。
そして、いつもお世話になってます、デブさんと登場~!
日本語ベラベラであります、頭いいな~、相変わらず^^

今日でラスト、7時からチャクラにて、飲み会?打ち上げ?
最後まで、よろしくです~!
私も仕事終わり次第駆け込みます~!

あーーー、ご褒美頂きました!
バラサーブからの最高のプレゼント!!
ちょっと間借りていて、、おとつい返した・・・
トルボの写真集~!!!
この内容は、大谷さんの写真集で地図の作成はバラサーブが書いている。
そして、最後の読み物は、ヒマラヤ巡礼を訳された吉永さんが登場して、トルボには欠かせない方々がぎっしり詰まっているのだ!
ずーーーーーーーーーーーーーーっと、ほしかった。。。
高くてなかなか手が出なかった。
だから借りていた。
でもやっぱり買おうと思って、おとつい返したんだ。
それをーー、昨日頂いた!!
ヤッホーーーーーーーーーーーーー!!
めっちゃ嬉しい~~!
ご褒美だって、そんなこと想像してませんでしたから、、、もの凄く嬉しいのであった^^
しかも、サイン入り~!!また宝物が増えた!
e0111396_1162176.jpg

by talkeetna6194 | 2008-07-23 18:09 | 日常日記

再度告知!いよいよ今日から!

再度告知させて頂きます~
いよいよ明日から、いや今日から”
限定三日間、はじまります~!
7月21、22、23日!

私が、一番楽しみだったりして~^^
ヒマラヤの空気を味わえる~
それだけで嬉しい^^
いや、それ以上に味わえると思われる~

バラサーブとNさんが、この春にヒマラヤに挑んだ報告会!

ふたり展

2008年春季にマナスル・エリァの未踏峰ツラギ峰西壁7059mに挑んだ若者たちの報告と写真・スライド・スケッチ展を下記の要領で行います。
ご光臨賜りますれば幸甚です。

日時   開催時間は毎日Pm1:00~8:00まで

会場:チャクラ 北区菅原町6-12
TEL (06)6361-2624 地下鉄(堺筋線北浜)(南森町駅)

会費は無料ですが、飲物をご注文していただきます

http://www.chakra-jp.com/

7/21(祭)Pm 3:00 

登攀報告会(中島隊員)/スライド(パワーポイントで)ビデオ上映

7/22(火)Pm 6:00 

50年ぶりのツラギ峰を語る (西川隊員)

7/23(水)Pm 7:00~10:00
メンバーと岳友とみんで呑む会(会費¥1500円)
e0111396_0445587.jpg

by talkeetna6194 | 2008-07-21 00:55 | 日常日記

アッパートルボ 17

9月12日 ニサル ~ サルダン  3918M

ニサルは、人の家の敷地内でのテント場だった。
e0111396_156072.jpg

ちょっと狭くなる感じだった・・、でも外の犬が怖いから仕方ないのだ。
だって噛まれそうなんだもん、ほんまに、、トイレに行く時、ドキドキしたくらい。
チベットでもそうだった、こわすぎて、、こわすぎて、、部屋の中でした^^笑

そして来た時にはいかなかった、お預けにしていたヤンチェルゴンパに立ち寄った。
e0111396_159257.jpg

すんばらしい!!!9連ある、どの角度から撮ろう、どうしようって思って色んな角度から撮っていたら最後になった。
みごとであった。
e0111396_15111199.jpg

こんな奥地に、なんでだろう?と思いながら、信仰深さを感じさせられる。
こんな素晴らしい風景、想像出来なかった・・・
e0111396_151427100.jpg

へーー、口が開きっぱはしだった。
そのゴンパの周りの巡礼してるじーちゃん&ばーちゃん達がいた。
e0111396_1517799.jpg

そして、ゴンパの上を見ると瞑想する岸壁があって、洞窟があって・・・
望遠でとってみた、撮れているのかな。。。
e0111396_1520923.jpg

中に入れてくれた、バラサーブとラマさんがおしゃべりしていた。
っで、後かた聞いたところ・・ラマさん、お酒を飲んでいたらしい。
そして、酔っ払っていた~
e0111396_1522145.jpg

私も途中から、おっかしいなーーとは、思っていたけど。。。
ま、面白いからOKでしょ、酒も飲むわね~
最後は、記念撮影の嵐だった。
写真あげたいけど、ここはなかなか来れないよ、、ごめん!
e0111396_15241584.jpg

e0111396_15252320.jpg

そこから今日のスタート、サルダンへ。
まずは、ヘコピーク見っけ!
e0111396_15293329.jpg

谷の中に入る、馬方達、早いよなーー、足強いよなー、惚れ惚れするわ
――っっと、めっちゃおばちゃん口調になってる自分を発見!やばい!笑
しかし、旅をはじめたころは、20代前半だった、で、今、3?才。。。
一年に一回しか行かないから、あっという間だった~
ここでランチタイム、私は勝手にラベンダーの谷と思った^^
ほんとの名前は、・・・あり、忘れた、やばい。。
e0111396_15315994.jpg

危険ならざる橋?だったかな・・?
e0111396_1534869.jpg

でも、いつまでもスタイルは変わっても行き続けたいなと思う。
谷沿いは、結構こわいポイントが何回かあった。
慣れてはきてるものの、、2回も落馬してるし^^
e0111396_15351396.jpg

あれは、何かに祈っているのかな~
e0111396_1622061.jpg

祈りたくなる風景ばっかりだな~
e0111396_15373215.jpg

ヤクの迫力は、何度みても凄い。
この旅でのNO1ヤクショット!
e0111396_15383374.jpg

サルダンまでの道のりは、ほんまに谷歩き、そこからいきなり上がっていた。
e0111396_15412272.jpg

めちゃ登り、登りが馬君、がんばってくれた。
私も馬は、登りに強いかも!?
学校の上のテント場がトルボの山々が見渡せる。
e0111396_1652523.jpg

すんばらしいーーーーーーーーーしか、言い様ない世界である。
バラサーブが説明してくれる。あの谷からきたんだ、あの谷は、あの山は・・
うわーーすっご。。。連続だった。
ずっと聞いていたいと思った。
e0111396_15463936.jpg

サルダンのラマが夜ご飯にきた。
っで、あの映画、キャラバンに出てる?記念撮影してもらった、ヤッタ!!
ありがとうございます~
っで、何やら横で、パンカがアイポットのような物を持っていた。
e0111396_1682537.jpg

日が落ちるまでにちょっとお散歩。
お茶と頂いた~
e0111396_166019.jpg

で、かっこええじゃないですか!!
私もやってもらえばよかったな・・・
e0111396_1672793.jpg


明日は、いよいよ、シェーゴンパ!
しかし、そろそろ半月が経つ、まだまだ帰りたくないーー
by talkeetna6194 | 2008-07-16 15:31 | トランスヒマラヤ

ヒマラヤ禁断症状

最近、身体のあちこちが痛い・・・
再発か!?と、思わせるように、昔のような痛みが毎日やってくる・・・
腕に手首に指に肩に膝に・・・
おーーいい、全部やんか、痛すぎやないか、、これ・・・
ブログで発散じゃ~

土曜日は、たまらなく激痛で起きて、、もうー無理ーーってことで、接骨院に行って中医学の先生にツボ押し?でなんとか激痛を抑えてもらって仕事へ。。。

凄いんです、こちら。
初めて出会った、東洋医学の素晴らしさ!
ほぞの接骨院
http://www.tubo.ne.jp/index.html
ツボを押してもらったら、痛みが抑えられる。
びっくりするくらいに。。
チベット医学でもある脈診にも驚かされる。
西洋医学で治らない方、一度こちらに行ってみて下さい。
かなりお勧めします。

リュウマチになったのが18歳のころ。
今で、何年目になるだろうか・・・
この病気は、簡単に言えば色んな関節の軟骨がなくなって骨がくっついていき、最後には固まって動かなくなる。
今は、手首の軟骨はほとんどなくなったーー。
で、10年かかって手首に足首に固まっちゃた。
でも、見た目わからない、ラッキー!?
そんなこと、今ではどっちでもいいんだけど、形なんてどっちでもいい~
痛みさえなければ~

そして、薬を飲み続けて10年目くらいのころ、ヒマラヤに行くにつれて元気になっていき、飲み続けた薬をやめたのだ。
そして、山に登るまでに復活した。

で、それが今年、そのヒマラヤンに行けないのであります・・・

っで、私が思うところ、これはヒマラヤ禁断症状であります・・・

それしか、考えられない!?^^

来年行きたいから、負けてられまへん。
とりあえず今日検査に行った。
何がなんでも、復活したいのである。
したいじゃなくて、絶対する!!

ずっと通っていた病院へ、以前の検査データーもあるしってことで、血液検査にレントゲンに当日飛び込みで行った。
おーーー変わってる~内装~
そして、治療法も変わってきたみたい~
薬やめて5年になるんだけど、現代医学ってやつは凄いんだな~
進んでいた、すっごいなーー!
治るかもしれない病気に変わってきてるみたい。
合う、合わないってのがあるけどね。
んで、ちなみに私は飲みたくないけどな・・・

でも、軟骨再生?!!まじで?!!
そんなこと出来るんかよ?
副作用があるけど、可能性があると言う。。。
へ~~
その副作用が怖いんだよ、倍返しやで・・・

私の場合は、ヒマラヤに行けば治るでしょう~
これが薬だ^^と、また勝手に思ってる。
来月検査結果・・・

しかし、久々に飲んだ痛み止めにびっくりした。
こないだの日曜日、仕事に差し支えるから飲んでみた。
あんだけあった痛みがぶっ飛んだ。
ウソのように身体が軽くなった。
薬、、やっぱり怖いな・・・

*河口慧海師もリュウマチだったんだ~
  1900年ヒマラヤ超えをしたころは、今みたいな薬なんてなかっただろう。私には想像を絶する世界である、凄い!!
  同じ病気で嬉しい~^^と、思うのは・・・!?
  運命感じちゃいました~

今日の野菜収穫はヒマラヤン禁断症状でてるみたい・・・
e0111396_2342473.jpg

きゅうり、でがすぎーーー!
by talkeetna6194 | 2008-07-14 23:46 | リウマチ日記

れんげ祭り

7月7日 れんげ祭り
 
金剛山の「れんげ祭り」は、役行者の命日(実際は旧暦)にあたり、蓮の花をお供えして供養するというものだそうである。

ちょうど先週、金剛山頂で転法輪寺の住職さんとお話する機会があって、おもしろそ^-^って、ことで友達二人誘ってみた。

Kちゃん&Bちゃん、お二人ともヒマラヤトレッキング経験者ってことで、誘いにのってくれた。

当日、私の足の具合が悪めだったで、ゆっくりのんびり谷から上がった。
最近、そこらじゅーが痛いんだなぁ、なんでかな・・・
昔に戻ったような感覚になる。
でも、山には行きたいのでなんとかしようと思ってる^^
まだまだ行きたいとこあるからね~!

とりあえず暑いから滝がいっぱいあるコースを選んだ。
e0111396_1625151.jpg


女3人、喋りまくって写真とりまくって・・・
時間かかりすぎーーー!?!!
こうなることはある程度想像していたので余裕をもってのスタートした。
でも、このウダウダ感が楽しいんだなぁ^^
山カフェスタイルである^^

Bちゃんは、この半年ほどで2回もネパールトレッキングに行った。
私のガイド友達を紹介して2回とも使ってくれてありがとう!
そして、そして、このアラワザ!
なんでもかんでも刺繍してもらってきた。
帽子にリュックにフリースに!!
e0111396_1693832.jpg


Kちゃんは、学生の時、雲南省に留学経験あり。
その流れであちら方面に足を伸ばし、ネパールトレッキングも流れで行ってしまったという。
ちっちゃいのにパワフルであります。
私のトルボ話やウダウダ話をいつも聞いてくれてありがとう^^
e0111396_16143142.jpg


役行者、以前から興味があったけど、よくわかってなかった。
熊野の方面が修験道の発祥の地だと思っていた。
先週住職さんから教えてもらって初めて知った。

今から約千三百年前、山岳宗教の開祖と言われ神変大菩薩の宝号を戴かれた「役小角」は現在の御所市茅原に生を受けられ、十六歳のとき(孝徳天皇の白帷元年)金剛山に登って山の霊気を感得され、苦修練行を重ねられた。
結果、祖神一言主大神を鎮守とし、法起大菩薩を祀る転法輪寺(金剛山寺)を建立して神仏習合の霊山とされました。

なんだって!!

この金剛山頂から大峰山系を見てからの始まりなんだって・・・
確かに、天気が良い日、空気が澄んでる冬とかって、うわーっと思うようが時があった。

これは、興味深い~、しかも金剛山中に私は住んでる^^ときた。
難しいーことは、・・・^^、興味のある場所へと足を運びたいのである~

お昼前に山頂到着、各自昼ご飯食べて準備?する。
すると、いるいるーー、いつもと違う山頂の雰囲気であった。
e0111396_16272491.jpg

右側の青い服を着てる方が住職さん。
メイン?!!ですやん、私はびっくりした。
だって先週ふつーーーうに喋っていたから。
で、覚えていてくれて写真を撮らせてもらった。

そして後ろからついて行ってみた
e0111396_17323333.jpg

お寺の方へ回り、ほら貝が鳴り響き、お経もなり響く
e0111396_17332576.jpg

お不動さんの元へ帰ってきたらスタンバイされていた
e0111396_17345567.jpg

東西南北、槍を投げる
e0111396_1736529.jpg

祈りを込めて
e0111396_17365145.jpg

チベットやネパールで見た光景と重なった。
セラ寺での問答、ジャルコットから聞こえてきた音など・・・

そして護摩焚きがはじまる
e0111396_1738674.jpg

うっわーーーすっごーーー!
e0111396_1739689.jpg

あっと言う間に~
e0111396_17394257.jpg

燃えて次のスタンバイ~
e0111396_17403120.jpg

手際の良さには、関心させられる。
練習したのかな~
e0111396_17423074.jpg

そして、住職さんの出番がきた
e0111396_17433651.jpg

e0111396_17444084.jpg

この後、火渡りするのだが、メインはフィルムカメラで撮っているので、今データーではない・・・
かっこよかったーんですわ、いっぱい撮った。
120枚ほどある、まだ現像してない。

続いて修験者の方々、あっつそうだった・・・
e0111396_1746672.jpg

続いて私ら3人、後半は大丈夫だと聞いてビビリながらの参加!
e0111396_17471867.jpg

お札を頂き、住職さんに背中を押されて勇気が出るのか勇気が出た!
Kちゃん一番目~
e0111396_17481773.jpg

私、2番目、「前向いて真っ直ぐお不動さん見て」っと言われて、真っ直ぐみた。
そしたら、一本の神秘な道が見えたように感じた。
e0111396_1835261.jpg

余裕があるのか、ないのか、、煙の中でシャッターを押した。
e0111396_17495783.jpg

熱くなかったけど、煙いのと、なんだかわからんけど涙が出た。
煙いのもあったけど^^

7月7日、いつからこのような祭り?があるのだろうか。
知らなかった。
毎年やってるようだ、来年も参加したい!
前半で挑戦する?!!?

下山後は、家にてBBQ~
e0111396_17531572.jpg

最初墨が少なかった、、勉強になったなぁ。。
いつも任せすぎていた・・・反省・・・
相方が帰ってきたころにジュージュー焼けてきた~

そして、電車がなくなってしまったので、お二人さん泊まっていきました~

あ、こないだ買ったモテギア、エスプレッソ!
e0111396_17573554.jpg

が、しかし、味がなじんでないのか。。。
馴染むまで今毎日これで飲んでいる~
がんばろっ
by talkeetna6194 | 2008-07-09 16:30 | 日常日記

1900年7月4日

アッパートルボ 17

9月11日  クン・ラ前 ~  ニサル

ガスってる、うっそーーん・・・さっびーーのスタートだった。
バラサーブは、私を一番にさせてくれたのだけど、、、馬君が進んでくれない。
アチョアチョ言っても、無理だった。
バラサーブにお尻をたたかれても進まない・・・
でも、バラサーブの背中見ながら行くのもいいね~
e0111396_02019.jpg

登りは想像以上にあった、馬だったからよかったけど。。
寒いけどしんどくない。
山って、あとちょっとって思っても、まだまだ遠く続く。。。
だからあとちょっとは思わないようにしてる。
歩きでここまで来てみたかったけど、馬でも一ヶ月、歩いたらもっとかかるだろう。
e0111396_055460.jpg

ま、慧海師もヤクを使ったんだ。OKっでしょ!
しかし、寒かったーーーーーーーイムジャツェ登った時思い出した。
あれは、もっともっと寒かったけど・・
山では太陽が普段よりも存在をもの凄く感じる。
太陽が出てくれたらとってもあったかくなる、そして気分も上がる~
e0111396_064252.jpg

クン・ラを目指して、慧海師を辿ってここまできた。
カイラスに行ったのは、2003年だから4年かかった。
旅は11回目、最大の場所に辿りついた。
ありえない光景に、キャンプ生活に、馬に、毎日がよめないすばらしい生活につれってってくれた、バラサーブに慧海師、この出会いは何事にも変えられない。
きっかけは、慧海師だが、バラサーブの人柄や面白さ、体感出来た事がほんとに素晴らしい。

そして、そして、ついにきた、ネパール側ラプチェ!
e0111396_093499.jpg

口では、めちゃおもしろおかしく??、疲れているのにテント設営したり、キッチンの指導、ネパリへ思いやり、エキスパートだった。
クン・ラに行けたのも、もの凄い嬉しいけど、夢のヒマラヤ国境超えを体感させてもらって凄い嬉しいけど、それ以上にバラサーブとの出会い、そして一緒にヒマラヤに来ることが出来たことが素晴らしく思う毎日であった。
私の時計なので誤差はあるが・・・
e0111396_0111875.jpg

おーーー見えた!
ネパール側 国境標識 
e0111396_0122589.jpg

チベット側 国境標識 (中国と書かれてあったのが・・・)
e0111396_0131779.jpg

ベタに万歳してみました。
e0111396_0192064.jpg

私は、ここに来るのが今まで旅を続けてきた最大の夢でした。
e0111396_0223674.jpg

未知踏進、これ以上の場所は存在しない
e0111396_024548.jpg

チベット側 チャンタン高原 
e0111396_0251455.jpg

クン・ラまで導いてくれたVISIONよ、これから先、まだ見えないけど、
どうかまた導いておくれ、毎年これるようなライフスタイルに!
e0111396_0281858.jpg

で、今また目指す場所は決まった~
また、夢を追い続けたい~!
今からイメトレはじめてます^^

河口慧海師は、今から108年前、1900年7月4日、ここクン・ラを超えてチベットへ日本人で初めて入国した。
e0111396_0495526.jpg

慧海師の日記
e0111396_0342866.jpg

1999年 大阪山の会西北ネパール学術登山隊がトルボの11ケの峠の内7ヶを踏査して、以後2006年まで何度も入域調査して慧海師のチベット越境峠の断定をしていた。
チベット側の調査も日本山岳会関西支部学術登山隊が2004年にネパール側も含め現地入りして、その峠が明らかにされた。
                           バラサーブのコメントより
by talkeetna6194 | 2008-07-03 23:58 | トランスヒマラヤ

アッパートルボ 16

9月10日  ニサル ~ クン・ラ 前 4671M

昨日は、星がきれかった。
テント泊なのですぐチャック開けたら見れるんだけど、、毎日テントになると・・さぼってしまう。
二、三日のキャンプなら時間に限られてるからサボりはなかった。。。
が、、今日で何日目だろう?また、明日にしようか^^?と、さぼってしまう。
私のシュラフはチャックなしだから、これまためんどくさい病が発生する。
今度は絶対チャックありしようー!
最初、装備を揃える時かなり大変だった。
私はなんにも知らなかったし、山の友達もいなかった。
今、やっとわかってきて友達もボチボチ出来てきたな~。
e0111396_13375878.jpg

今、クン・ラ前にいる、嘘みたいだ、夢の世界。
ニサルの朝も気持ちよかったんだけど、今はクン・ラのことで頭がいっぱいだーーー
e0111396_13384692.jpg

ニサルは、また通るからのちほど~
メンバーの馬君勢ぞろい~!
e0111396_13321316.jpg

ここに来れるなんて想像も出来なかったんだ、私にはありえない場所だった。
それが、今、目の前にきてる。
テントの入り口をチベット方面に向けて、チャックあけたらすぐ見れるようにした^^
e0111396_13342550.jpg

1900年7月4日、この先のエメルンカンの東側を抜けてクン・ラ(峠)を越えて
チベットに密入国したんだ。
e0111396_13362772.jpg

こんな大切な場所で、、三脚忘れた・・・・
ニサルにデポしてきてしまったのだ、あほ、まぬけ・・・
いつも大事にな時に、忘れる・・・
星が撮りたかった。クン・ラ前で想像していた、流れる星を撮ってみたかった。
うーーーーーーんん。くやしい・・・
でも、天気が微妙な感じだったので、、まだ良かった?か?!
e0111396_13393741.jpg

ニサルからは、想像以上にきれいな道が続いていた。
深い谷、きれ落ちる石壁?、谷歩きが多い。
e0111396_13405811.jpg

しかも、スケールデカスギ?!、なんだこれは?!ばっかり思っていた。
クンコーラ沿い、TIBETに抜ける道だから、チベット側からヤクを連れて商売人などが通る、スゲーナー、ここでは歩くしか手段がないんだもんな・・・、クーンブのチョラ・ラでも思った。
e0111396_13424527.jpg

何年たっても、何百年たっても、ここでは歩くのが基本なのだろう。
ヤギを連れた人たちにも出会った。
逃げないのか?って、どうやって数える?って思うくらい連れていた。
e0111396_13453092.jpg

その両脇はきりたったデッカイ石山?、そして川、で、自分は馬に乗ってる。
不思議すぎるこの状況・・・何度も思った。
ヤクにもすれ違う、ゾッキョの倍?くらい、言いすぎか、でも、凄いデッカイ。
今までみたのとはまた違って見えた。
今日は、サンジが近くにいた。
馬方の中では、一番喋って?頼りになった。
馬の変化をよく観察してる、大事にしてるように感じた。
何かあったらすぐ飛んできてくれた~
昼休憩は、バラサーブがクライミング、それを見たシェパ、続いてサンジ、楽しそうだ!
e0111396_13463568.jpg

私も続こうかと思ったが・・・どんくさいのでやめた^^
チベットに続く道は、もうチベットそのものだった。
ピカーーーンの青空、カイラスに行く時みたいだった。
e0111396_13485986.jpg

あの時は、車だったからまた見えてくるものが違った。
ヒマラヤは、いろんな顔があるんだな。
いよいよ、きた、おーーーーんなんか写真で見た?ここ?
ナショナルジオグラフィックに出ていた写真に出ていた。
何枚も撮りすぎ・・・
e0111396_135231.jpg

で、バラサーブに聞いたらあれはチベット側から撮影したと。。
なるほど~。でも覚えてる自分が嬉しかった^^
そして、きた、ほんまに、きたのだ、今目の前にあるんだ!
信じられへんーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
いよいよ、クン・ラだ!!迫ってきた!
慧海師は、1900年7月4日、クン・ラを超えてチベットに密入国した。

そして、今日はちなみに偶然にも7月2日~
マイペースで書いてるからちょうど良い~^^
by talkeetna6194 | 2008-07-02 14:02 | トランスヒマラヤ

日常への旅


by talkeetna6194
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31