Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スウェットロッジセレモニー

ちょっと長いです~

スウェットロッジに入ったわけじゃないのだけども・・・

先週24日土曜日、大雨の日。
久々に相方が、タイ料理食べに行こうと誘ってきた。
お~っと、就職してからの初給料です、ゴッチになりまっす!
私は、単純に考えていた。
ちょっと挨拶したいとこあるし、、、って。
??、なんだろうな、ま、ええか、大雨やけど、前見えないくらい雨降ってるけど、っで、、、、私の運転かよ!?
そう、うちらは、役割がなんでも反対なのだ~

マイミク、ハバネロさんから教えてもらった場所。
なかなか気にいってる。
そこらのシャレタタイ料理ではないから、好きなのだ~
タイ人の奥さんがいて日本人であろう旦那様がやっている。
タイでブラブラしてた頃を思い出させる味が美味しい~
ここに来るとお腹パンパンになる。

っで、帰りも私の運転?!
まーーええか、ごっちになりやしたから・・・

で、今夜はスウェットロッジセレモニーを松木さんがやっているからちょっと覗きに行きたいと。
ええよ~、ええよ~、私は未経験だから興味深々!
でも、そんな神聖な事をやるときに、行っていいのかな?と、内心思う。

スウェットロッジセレモニーとは?!

人とのつながり 自然とのつながり 自分と地球を癒すプログラム

スエットロッジセレモニーは、アメリカインディアン(ラコタ族)に伝わる7つの儀式の1つで、Body(身体)、Mind(心)、Spirit(魂)の浄化と統合の儀式です。
また彼らの言葉で ”イニィピー” と呼ばれ、それは子宮回帰を意味します。
子宮をシンボライズした半円球のドームの中に焼石を入れ、水を注ぎ蒸気が舞い上がる中、歌い、想いを分かち合い、励まし合い、つながり合い、全てのものとの関係【自分の身体、人間関係、地球(自然)】に気づき、つながりを癒していくセレモニーです。

里山活動をずっとやってきた相方は、この松木さんのスウェットロッジセレモニーで火の役割をしてきた。

講師 : 松木 正
   (マザーアースエデュケーション)
 京都、伏見に生まれる。
大阪YMCA六甲キャンプのスタッフとして自分なりにプログラムを試行し始めるが、物足りなさをぬ ぐいきれず退職。
本物を目指し、渡米に至る。
アメリカ各地で環境インストラクターを行いながら、様々なプログラムと人に出会ううちに、アメリカの環境教育の核になる哲学は、アメリカインディアンの生き方にあるのではないかと気づき始める。
スー・インディアン居留地区に入り、インディアンと生活を共にし伝統を学ぶ。
インディアンの地球を生命体と考え、自然と人との調和の中で、優しく生きるそのライフスタイルに強く惹かれ”Mother Earth”というキーワードをもって帰国。

持尾のある場所であるのだが、これまた大雨ですがな、やっているのか、やっていた、大雨の中でデッカイ火がたかれていた。
こんなにデカイ焚き火を見たのは私は初めてだった。
雨の為、火が小さいからと、とりあえず久門太郎兵衛宅(里山倶楽部代表)へ~

ま、どうぞどうぞっと、入れ入れと、、セレモニーに入る人たちがいて、スタッフがいて、歌の練習が始まろうとしていた。
私は見学、相方は一緒に歌っていた。

なんだろ、これ、チベット仏教のお経のようだな、っと、勝手に解釈して目を瞑って気持ちよくなっていた。

ほんと、ネィテイブアメリカンとチベタンは同じように感じるのだ。
これがまた、同じだったことに気付いた頃は、かなり興奮したな~

って、外の雨がきついからと、ワークショップをしようと、良かったらどうぞ~~!

そのロッジに入るときにお守り?のような、祈りを込めてセイジで清めた葉を赤い布で包んで糸で閉める、それは最後に燃やすのかな?
私は、真似てやってみた。
祈りを込めて、祈りを込めて~

で、また、雨がきついから次のワークショップもはじまった。

石のワークショップ。
松木さんが、いろんな場所で拾ってきてきた石達。
それは、何年も何年も前から。

私も実は、やってきた。
ちいっちゃい頃から石を拾う癖があるのか、一番最初はお墓からー笑
幼い頃、まっるいまっるい石を拾ってきて、母に怒られた。
海に返しに行った事、覚えている。
それから、気付いたら今、家にいっぱい石があるのだ。

まずその松木さんの石を選ぶ。
そこから、いろんな角度で見えるものを描く。
そして、自分の願い、聞きたいことを言葉にして書く。

で、ここからっす。

何がはじまるのだろう?!
私は半信半疑になった。
まず、リラックス出来る状態になって、寝転ぶ。
電気を消して、ローソクの明かりだけ。
松木さんの言われる通りにする。

目を瞑って、身体に風が流れる、通るように深呼吸。
左手から入って、左足から出る。
そして、
右手から入って、右足から出る。
これを7回。

何かが見えたり、聞こえたりしたら、そのまま受け止めて下さいと。

?????????????

寝てしまいそうな感じで、深呼吸した。
そして、力をグーッと入れて下さい、抜いて下さい・・・
何度か、言われるがままその通りやってみた。

バサーーーーバッサーーー
何かが飛んでくる、飛んでいる音がした

そして、太鼓の音が聞こえてきた。

松木さんがやっているのだろう~っと、私は思った。

すると、私は、左手から痺れてきた。
???
そして、左足、右手、右足と、順番に痺れてきた。
?????????????????????????

?わけわからんぞ?

そして、涙が溢れてきた。

あっりーーー、なんだろーー、この感覚?!

半信半疑だった私は、わけわからん状態になった。
そして、いろんな事を思い出した。

そして、目が覚める。

どうでしたか?
周りの人たちをセッションする。
何かが見えた人が多かった。
私は、見えないけど、体が反応した。
それを松木さんに言うと、それは、神聖な涙だねっと。。。
??そうなんや~、思ったことを話した。

私は、人数集まってするタイプが苦手だった。
どこかで冷めてしまう自分がいる。
ああしろ、こうしろ、って言われと、、、反対にしてしまったり。
性格わっるーーー笑
哲学的な本とかも苦手で、そんなの自分で考えるわ、って思ってしまう。
だから、旅も山も一人で行くスタイルが多かった。
ヒマラヤで思ったことで自分流が出来上がってきたのだけども、それが、ネィテイブの世界と同じだった。

今も何か言いたいが、わからなくなったけど、、、

スウェットロッジセレモニーや、ビジョンクエストは、私の中で一人山中でテント泊してたり、食料持って単独縦走したりする感覚と同じだった。

そして、この感覚は、
e0111396_13411943.jpg
ネパールでチベットでなった感覚と同じだったのだ。
e0111396_1442546.jpg

by talkeetna6194 | 2008-05-28 13:42 | 日常日記

久々の美山~

京都の美山と言えば、近畿の屋久島!

一時期はまって、年に数回通ってた頃があった。

車中泊したり、テント泊したり、日帰りしたり~

森なのに、何故かシュノーケル持参で潜ってビビッてー笑
川が綺麗んだーー!

岩の上で爆睡、森の中で爆睡しすぎて、どこでも寝る私は、いったい何しにきたんだ??っで、風邪をひく・・・
ほとんど人会うことがない森だった。
しかし、最近変わってきたみたい~
大台ケ原のように・・・

そして、その美山で友達が出来てから、また違った美山体験をさせてくれる。
ラフティングも緩やかな川で遊ばせてくれたこともあった。

で、今回は、大人なお遊び~!

森にも散歩に行ったけども、天気が悪そうだったのでちょろっとだけ~
今回はお食事に泊まりメイン~!

何歳だろう??
数えてみた、83歳?
隣のじーちゃんくらいだわ~
e0111396_18505476.jpg

地図みたいだわ、等高線だね~
e0111396_18521635.jpg

シダ君、いっぱい、湿気がいっぱい!?
e0111396_18533474.jpg

そして、友達の職場に行ってお風呂入れてもらって、合流~
前にも一度連れてってもらったけど、私は熱中症でダウンしてた。
今回は、相方が残業疲れでダウンして、一瞬喧嘩したけどーー笑
Mちゃんごめんーー笑
仲直りして、おじゃましまーーーっす!
e0111396_18545424.jpg

「ゆるり」 こちらです~ 
http://youluly.umesao.com/
奥様の手料理に囲炉裏囲んで、陶芸家の旦那様とお話~
60代オーバー夫婦、かっこいいね~

ロンドンから、ネパールまでバスで行ってたよ?!
マジックバス!
みんなでバスを買い取り?、大陸移動するんだって、
すっごい面白い時代だな~

色んな話しをしながら、私は、キョロキョロ~
e0111396_1911611.jpg


雪が深い地域だから、ここは真っ白けっけになるらしい。
そして、熊がさ迷ってきたときもあるみたい・・・
e0111396_1932931.jpg


お酒は弱いけど、気分がいい時や、その場で寝れると安心して・・
吐くまで飲んでたーーー笑
トイレで静かにね・・
そして、朝まで爆睡~
e0111396_1951466.jpg

正面から~
e0111396_1924368.jpg


ご飯は美味しかったし、美山の雰囲気大好きやし、ドライブがてらにいい距離です~!

千早から往復近道で300キロくらいかな~
市内からだと2時間くらいでいけますよ~!

Mちゃん、ありがとう~
今回も満喫できました!

帰り道、トイレに立ち寄って、いい出会いがあった~
京都 北山 欅の木
ちょうど探してた大きさだったので、そく買い!
左のお茶は、オマケだって~
e0111396_1916716.jpg


あ、そうそう、石楠花が咲いた~
左が今年の誕生日に植えた、右が去年の誕生日に植えた~
e0111396_19105273.jpg

by talkeetna6194 | 2008-05-21 19:11 | 日常日記

アッパートルボ16

9月9日  ムシコーラ沿い ~ ニサル   3734M

すっごいとこでテント泊、ありえへん場所、ほんま凄いばかり思ってしまう。
馬鹿になりそう、もう、なっている?!
今日は、登りがキツイらしい、どこを登るんだろう?
って、思ってたら、ドキドキ出発~
今日は、3番手につけた!
e0111396_857770.jpg

ヘコピーク見っけ!
どこから見ても同じだからだね、凄いね~
いろんな角度で山の形が変わるけど、ヘコピークは、変わんない~
e0111396_8592064.jpg

っで、全部馬で登った、馬にしがみついていたのだー笑
馬君、がんばった、よーーーがんばった!
息切れしてるのが伝わる、直接私の身体に呼吸のリズムが伝わってくる。
がんばれ、がんばれ、思わず、馬に話かけている、降りようか?、
何度も思ったけど、馬君、いや、乗っとけっと、言わんばかりに、かっこいい?!
e0111396_913899.jpg

俺に任せろっと!?!、で、お言葉に甘えまして、任せまくっていた。
周りの景色は、ぶっとぶトルボの世界が広がっている。
そして、ヘコピークに後ろに顔を出したのは、カンテガ~!!!
きったーーみえたーーー今回登攀予定の未踏峰であります~!
e0111396_925174.jpg

すっごい天気が良かったから360度見渡せる~
この登りを歩いてたらスッゴイ時間かかっただろうな、標高が高いから早く登れないのだ。
早い人もいるけどね~、きっとみな遅くなるだろうっと思わせる登りの長いこと長いこと。
ぱっとみ、楽ちんそうに見えるんだけど、ここは富士山よりタッカイ世界~
e0111396_944185.jpg

最後の登り~ドキドキドキドキ~
e0111396_9672.jpg

ギャンゾンカンだーーかっこいいーーーー!!(とんがってる岩山)
e0111396_97993.jpg

最近、雨が曇りが多かったから、このパレパレにぶっとんだ。
e0111396_993089.jpg

しかし、耳だけが異様に焼けこげてしまったーーーどうしよーー・・・
前にもやったこの失敗?、気付いたら真っ黒にこげている、皮が捲れて気になるから触ってると
血が出て、、その繰り返し~。。。
やばいな、これ、帰ったらすぐ結婚式2本もある、アオザイ来て、耳が真っ黒?!
山やけは、知らない間にまっくろけっけー、バラサーブはすでにガングロ?!
私の馬は、登りに強い?、なかなか早かったね、ありがとう~!
このパノラマよ、すっごいっ~、ギャンゾンカンが飛び出てる~
あの先は、チベットだな、国境の山々がみなこっちを向いてくれた。
やっほーーーー会えたね~~!!ありがっとー!
パソコンで見るより、本で見るより、かっこええーーーんです。
本物は、かっっこよすぎた~
そして、バラサーブに2ショットをお願いしたー笑
e0111396_9104294.jpg

しかも、あの場所で、あのポーズで!
ディヴィッド・スネグローブ ヒマラヤ巡礼 に 出てきてます、ここ!!
e0111396_9131757.jpg

トルボ好きには、たまらん場所であります、ここ!!
ここに来れるなんて、想像すら出来なかった。
ほんまに、感謝感激、バラサーブ、ありがとうございました!
ほんまに来ちゃったよーーーっと、心の中で叫んでいた^^
嬉しくなって、どうしよーーて、思ってたとこ、ネパリスタッフが丘を駆け上っていった。
うわ、行きたい、ついていこっ!ダッシュ、めっちゃはっやいやーーん!
テンション上げ上げだったので、最初は走っていたが、、すぐ、気付く・・
あ、やばい、ここは高所、すぐばてるで、マイペースに切り替えて、呼吸整えてた。
でも、ネパリは、すでに、テッペンにいるのだ~
e0111396_9151837.jpg

またまた、大パノラマが待っていた、この景色どれだけ想像したことだろうか~
e0111396_916081.jpg

それが今、目の前に広がっているのだーーーー
遠くに見えるのは、パチュンハム~!
e0111396_9181341.jpg

ほんとに信じられない世界だった。。。
ほんとに幸せだった。。。
e0111396_919161.jpg

で、すぐ下山、おーーーっと、このタイプ苦手やなーっと、シェルパのシェパは、駆け下りていった、みな、走って登って走って降りていった、ありえへん、なんでそんなに強いねん!?
もうーーー私も走ろうー!
ついていけへんけど、、、でも、まだまだ下山は続くのだ~
e0111396_920192.jpg

それから、MOへと、、道は続く続く、歩いて歩いて~
これ、隠し撮り~
e0111396_9221316.jpg

バラサーブの話や、メンバーのおじちゃん達の話が楽しかったので、苦手な下山も楽しかった。
ひたすら下山、鬼の下山だったけどね~。
馬君での下山は、危ない場所もあり、馬君の足にも負担がかかるし、急な下山は歩くことが多いのだ。
しかし、下山の方が足への負担はかかるんだぁ、弱い人はね。
足が出来上がってるメンバーのみなさんは、強い!
下山中みっけた、ブルーポピー!
e0111396_9231369.jpg

MOについたら、チベタンのようなネパール女子が集まっていた。
クーンブ方面とかなら外人慣れしてるけど、こっちは凄い珍しそうに見てくる。
オニギリ食べてたらじーーーーーーーーーーーーーーーっと見てくる。
これ、いる??おかずをあげた、カシのレバーです~
そして、私もみせてーーーその頭!
かっこええやん!
e0111396_924758.jpg

昼休憩は短く、また馬君で谷沿いを行く~
エメラルドグリーンの谷が続く、きっれいなーーっと、見とれていたら落ちそうになる。。
ここで落ちたら終わりですやん、気をつけよう。。
グングングングン、馬君、今日は、調子がいいね、天気がいいからか?
今回は、日本が遠いわーー帰ったらどうしようかなーー、同じ仕事スタイルできるかな?
この旅が楽しすぎて、おもしろすぎて、帰って同じままじゃーーイヤだなーーっと、またまた夢が広がっていくのだった~
e0111396_926584.jpg

またまたすっごい谷に入ってきた、なんだここは?
クン・コーラ、クン・ラから来てるらしい。
うっわーーー凄い、国境ラインが近づいてきてるのが実感し、嬉しくなる!
あーーーーしかし、、あっそこ、やばそうう、、、、、、って
e0111396_9273786.jpg

思ったら当たった・・・
e0111396_927674.jpg

落ちましたーーーここーー!
ほんまに怖くて、声が出たー、周りもびっくしたのか、大丈夫か!!?!
あい、大丈夫です、びびりましたけどーー、打ち身とすり傷くらいですから。
そして、馬君、ごめんねぇ、同じく足にすり傷があった。。。
しかし、山側でよかったわ、、咄嗟の判断?!谷側に落ちてたら崖葬になるとこだった。。。
それから、しばらく歩いた、沢の下まで歩いた。
顔や手を洗って凄い気持ちよかったのだ。バラサーブはちゃっかりシャンプーしていた。
あ、やられた、、天気いいもんな、リュックにシャンプーは入れておくべきだった。。
そこから歩いて、歩いて、、イヌワシがまた大空を舞うようにしてブルーースカイ、とても良く似合うーーかっこええ!
今日は、なかなかハードに動いたから楽しかった~
ニサル到着、うわ、、、これ、、、村っすか?!すっごい、、また遠くにゴンバが見える。
e0111396_9283156.jpg

そして、ニサルではバラサーブの顔見知りの家の敷地内でテントをはる。
だって外には、ワンワンワン、チベタンマスチフが待っている、狼のように吼えて待っている。
トイレするにも、ドキドキした、後ろからガブーーっと、やられそうで・・・
テントはったら、バラサーブがシャワールーム?に連れてってくれた。
隠れ穴場の水場スポットだった。
うわーーここは綺麗な場所だ~、さらっと教えてくれたのだった。
水神さんがいるような雰囲気だった。
e0111396_9285331.jpg

by talkeetna6194 | 2008-05-18 09:29 | トランスヒマラヤ

山カフェ

よーこそ、金剛山カフェへ

まるで自分の店のように^^言ってるけど、違いますんで・・・

ただ、気に入ったとこで、お茶をする、これ、私流~
いつもの癖?で、なんでも自己流でやってしまう・・・

裏山散歩に友達が遊びに来てくれたのだ~
遠い垂水から、嬉しいね~!

雨上がりのお山さんは、ツルツルのヌルヌルのプルプル?!
e0111396_0204361.jpg


滝もゴーゴーといつもよりも勢いがあるように感じた。
e0111396_0224454.jpg

ちなみに2月は、凍ってました
e0111396_0254168.jpg

新緑の季節は、小さな命がたまらなく可愛いのだ~
e0111396_0285174.jpg

ここは、カンボジア?タプロームと名づける^^
e0111396_0294351.jpg

紅葉の季節は、これが真っ赤になるんだろうね~
e0111396_032043.jpg

まず、いつものポイントPLの塔を眺めながらお茶をする、山カフェの出来上り~~ウダウダウダウダウダウダ~~、久々に友達と来たからこのウダウダ感が楽しいのだ、写真撮るのん、忘れている~

山の心斎橋かよ?!平日昼、山頂では人多いー、谷コースは一人しか会わなかったのにね~、っで見っけ!
いつものじーちゃん友達、73歳、5やったかな?
いつ会ってもテンション高い!
友達、ちょっとびっくりしてたーー笑

そして、金剛山頂は、観光ポイントたくさん、展望台へと移動。
新緑と植林達の目の前で、またもや山カフェの出来上がり~山ランチだ^^
ラーメンとオニギリを食べて、ウダウダウダウダウダ
e0111396_0352682.jpg

何回来ても、写真撮り
e0111396_0424853.jpg

何回来ても、これを読む
e0111396_0451783.jpg

山で色々あったけど、やっぱり、私は、山が大好きなんだなぁ~
e0111396_0453874.jpg

下山後、縁側で山雑誌並べて、夏はどの山行こうか?
ばーちゃんになってもヒマラヤ行きたいな!っと、話しは尽きなかった~

遠いとこ来てくれて、ありがとう~

次回の山カフェは、どこにしようかね~^-^

あーーー、バラサーブ、ヒマラヤ遠征より無事帰国した!!
元気そうで安心した~、早く会いに行きたいのだ~!
by talkeetna6194 | 2008-05-14 00:50 | 日常日記

学びの写真展

うずらギャラリーにて

「ヒマラヤを越える子供達」上映会&ヒマラヤ写真展、無事終了しました。

2日間だけでしたが、新聞に載せて頂き、そして取材が入り、たくさんの方に見て頂きました。

この二日だけでなんと、340人?!

上映会も、一日3回でしたが、4回に延長したり!
6時終了が、延長の延長~

こんなに興味がある人がいた、いや、まだまだいるのだろなぁ~

だって、玄関先で人間ウオッチングしてがら、ちら見する人いっぱいいたんだ。
上映会中にも入ってきた人がいっぱいいた。
写真と上映は、同じ部屋だったから、上映中は写真は見れないんだ。

e0111396_1553170.jpg


写真は、16枚、2002年~2007年までの一部。

もっと見たい、もっとないの??
そんな嬉しいこと言ってくれた方がいた。

そして、写真をいっぱい予約してくれたり、話が聞きたいー!
っとか、、

え?!!そうなん?~?

写真集は?本は?ないのーー!?!

出したいっすよーー
写真は、アホほありますーー笑
でも、資金がないっ・・・笑
ヒマラヤ話はじめたら、とまりまへんー

そんな言葉が嬉しかったー!

今まですき放題やってきた、生きてきた。
昨年は、一度死にかけて、、、生かされて・・

何かのお役にたてたらと思って、ヒマラヤの写真を提供させて頂いた。
それがまた、この提供させて頂く中で、学ばせてもらった。

この二日間だけで、たくさんの出会いがあり、学びがあった。

私は、またヒマラヤを通して、またもや学ばせてもらった。

いつまでたっても、教えてもらってばかりやんーーとか、思いつつ、、

ギャラリーオーナーTさん、ありがとうございました。
チャクラのTっちゃん、Aっちゃん、いつもほんまにありがとうございます。
二日目、お手伝いしてもらった○ちゃんありがとうございます!

こんな私を使ってもらって、感謝!!

うずらギャラリー

e0111396_15454360.jpg


6日上映会 立ち見の方、すみません・・・
e0111396_15463950.jpg


写真や、冊子の売り上げの一部は、今後の写真活動や、自分で出来る範囲でこれからのチベットサポートへと何か形に変えていきたいと思ってます~!

チベット問題については、どちらの国が正しいとかそんなことではなく、現地では苦しんでいる人々がいる。
今でも亡命者がいる、ヒマラヤを越えて・・・
一人でも多くの方に知って頂ければと思います。

ありがとうございました!

2002年 ネパール 5545M
e0111396_16174912.jpg

初めてのトレッキングで自然地癒力に目覚めた場所~
by talkeetna6194 | 2008-05-07 16:23

写真展 in 京都 at  うずらぎゃらり

再度、告知させて頂きます~

急遽また写真を提供することになりました

場所は、京都中京区 「うずらギャラリー」

5月5日(月・祝日)、6日(火・祝)

チベットについてより深く知ってほしいという思いから、ギャラリーのオーナー富田さんからお声がかかり、賛同したいと思います。

当日は、ヒマラヤを越える子供達の上映会をします。

1時~  3時~  5時~   (各40分)

また、会場では同映画のDVDを税込み1500円で販売します。
DVDの売り上げは、市民団体「チベットサポートグループKIKU」によるチベット子供村などの難民支援活動に寄付されます。

写真は、一部を提供させて頂きます。

正午から午後6時まで。

映画、写真展ともに入場無料

http://sound.jp/uzura/gallery.html
e0111396_1039836.jpg

私は、5日月曜日に行きます~

この写真は、会場には置いてませんが・・

カイラス巡礼 ドルマ・ラ 最高峠 5630M   巡礼者 
by talkeetna6194 | 2008-05-04 10:21 | 写真

日常への旅


by talkeetna6194
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31