Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

河口慧海生誕150年講演会終了

先日、無事に終わりました~

起こし頂きました皆様、
機会を作って頂いた日本ネパール協会様、そして萬福寺様、
本当にありがとうございました!
心から感謝します。
e0111396_1624257.jpg








12/18 FB日記より

慧海の足跡を辿り始めたのは、2003年チベット・カイラスでした。
最初は、一人でマイブームで楽しんでいたところ、
2007年に故・大西バラサーブとの奇跡の出会いで、Dolpoに入ることが出来て今に繋がる。
なんだか頭ん中でまとまんない、なんて書いていいかわからん、、、
ひとまず終えた事に今は安心している。
私自身色んな思いや、色んなことがあった、
先生方々の熱い思いも今日また深く感じた、
バラサーブ達が旅立たれ時代が大きく大きく変わっていくのも感じてる今、複雑な思いが駆け巡る。
ただ、今、一言で書けるのはこれがゴールじゃなくて、
ほんとのスタートだということだ。
深い、まだまだ深い、高山先生の講演を聞いて思った。
e0111396_1524993.jpg


また次の課題が見えた。
どんどん見えてしまった、まだまだやな〜
しかし、一先ず、自分にお疲れさん、笑、
まだまだあと半分?!まとめてないし、、ミンパクプロジェクトもこれから本格的に始まるし、
色々やりたい事がどんどん出てくるぞ~

12/22

終わってほんとにひとまずは一安心したけども、
高山先生の講演を聞いて、ほんとに凄いな〜と改めて思った、感じた。
もっともっと掘り起こしていくところあるよね、勉強せなーと思った。
せっかく今年の遠征、慧海ルート(ネパール側)を忠実に歩いてきたんだからね。

9/20 国境近くの村、シーメンで思った。
ここから西に行った方が国境近いんだけど、、、これ、、めっちゃ遠回りやん、、、
って、思いつつ、慧海ルートを忠実に行く為にシーメンから南下した。
その日は、大西バラサーブの三回忌でもあったから、峠で八海山で祈りを捧げた。
そして、慧海と同じ距離を歩いた。
e0111396_15585215.png

今、改めて本を読み直してみたいと思った。
また、別の角度から見えてくるものがあるかもしれない。
もう一度、自分の歩いた感覚と比較してみたいと、高山先生の講演を聞いて思った。
先生のすごい探究心に感動した。

ゴールのようで、スタートをきった感触だ。

今回発表させて頂いたのは、慧海ルートの国境クン・ラまでの道のり。
その後、遠征はまだまだ続いていて、それをまだまとめれてない。
それもやりたいのである。
Upper Dolpoの村々で色々話を聞きながらの移動し、Low Dolpoへと進んだ。
Low Dolpoは、初めてだったってのもあったけど、想像以上に良くて探していたゴンパ(お寺)も見つけれて、最後に行きたかった村まで辿りつき、超えたい峠も超えれた。
峠なのに5700mもあって、チベット暦では雪が降る日だと言われて、秋の終わり冬の始まりだった。
それは狙いだったんだけど、一瞬戸惑った。
人間は超えれても馬が危ない・・・、でも天気は味方してくれて無事に超えれた。
すごい欲張りルートだった、それもちゃんとまとめたいと思っている。
まだまだやることあるー!

クン・ラにて、ここでもまた故・吉永さんと故・大西さんに祈りを捧げた。
e0111396_15501622.jpg

この時、まだ水谷さんの事は知らなかった。
きっと故・水谷さんも見守ってくれていたと思う、帰国後知った、まさかの他界。
出発前もメールのやりとりをしていたよね、
最後だと思って思いっきりいってこいと言ってくれたよね、
そして、帰ったら聞かせておくれって言ってたやん・・・。
3人のDolpoの大御所様がずっと見守ってくれていたんだなぁと感じたDolpoの旅。
いつかDolpoの本を出したい!
e0111396_16224.jpg

by talkeetna6194 | 2016-12-22 16:03 | 写真

日常への旅


by talkeetna6194
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30