Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

第3期・ ドルポ基金 活動報告!

4月20日〜4月30日まで、第8回Dolpo-hair Presentsヒマラヤトレッキングツアーで、
ツアーリーダとして震災後はじめてのネパール入りをしました。
同時に、第3期 ドルポ基金の義援金も持って行きました。
その活動報告です。

e0111396_041193.jpg




ここ数年毎年行ってましたが、出発前は色々と考えてしまい、いつもと違う感覚でドキドキしてました。
ネパールに着いたらそんな不安もぶっ飛び、空港ではいつも以上に賑わって安心しました。
e0111396_23493066.jpg

しかし、日本人はいない、中国人もいつもより少なめ、欧米人の方が圧倒的に多かったです。
私は、お客様より数日先乗りしました。
お客様を迎える前に、某大な被害をまず一人で現状を見て受け止めたいという想いがあり、現地での個人的な活動を含めて時間を頂きました。
参加者様の皆様に、ご理解とご協力には感謝を申し上げます。
ありがとうございます。

・以前にDolpoで2回一緒に横断したシェルパ達は、今はクライミングシェルパで活躍中でエベレストやK2に行き今回は会えなかったけども、出発前に行ってきますとメールが入りました。
一人は、地震の時、エベレストBCにいて数日間連絡が取れずでかなり心配しましたが、
怪我からの復活で今また山へ戻ってます。

・雑貨買い付けで知り合いになったタメルのみんなは、歩いてるとこっちが心配する前に笑顔でどんどん話かけてくる、以前と変わらず元気でしたが、地震の時の話を聞くとみんな目の色が変わったように、鋭くなる、やはり現場を見てる目はリアルでした。
彼らは、店がぐちゃぐちゃになったり、家が半壊したけど、家族全員生きてるよ、大丈夫だと。
e0111396_061999.jpg

でも、観光客は、減ったね・・・・、少ないよねって言ってました。
以前と変わらず商売をしていたので、私もまた彼らのお店で買い付けする事でちょっとでも応援したいと思いました。

・バクタプルの被害を見に行きました。
e0111396_0113945.jpg

ネパール在住・日本語教師の友達と一緒にいたので通訳してもらいました。
泊まった宿のオーナーに話を聞いたり、すれ違ったおばあちゃんに聞いてみました。
宿のオーナーは、リアルに話をしてくれました。
自分の宿は大きな被害は受けてないが、周りがどんどん壊れていく、倒れていく、目の前で・・・。
その避難ルートを教えてくれた、まずは広場に逃げようと揺れてる中で階段降りて行ったのだが、
この窓の向こうの家が倒れて行くのが見えて、また慌てて降りていった。
e0111396_012426.jpg

降りてもまた、目の前が倒れて一番近いルートを遮られた・・・。
e0111396_0123215.jpg

そんな状況を話してくれて、私は恐ろしくなった、、自分だったらどうしてるんだろう・・・。
腰抜かして動けないかもしれない・・・。
この宿の屋上からは、今もまだ倒壊したままの家が沢山そのまま見えます、そこで話を聞きました。
e0111396_0125886.jpg

今回の地震より前の地震以前に建てられた建物が壊れてしまっていると、彼は言っていました。

・バクタプルの被災地ですれ違ったおばあちゃんは、政府は最初だけ仮設の家をくれたが、その後は、何もない、しかもその家は、冬は寒いし、夏は暑い・・・。
e0111396_0144086.jpg

これからまた暑くなるのでなんとかしないと・・・、今また動き始めていた。
私達は、人を雇えるお金もないので、自分たちでやるしかないと。
目の前には、瓦礫の山となった家が全壊のまま・・・、その前で話をしてくれました。
その山から一つずつお父さんが使えそうな物を探していた。
e0111396_0132962.jpg

その近くで娘らしき女の子がそのレンガを洗っていた、聞いてみると、これを乾かして再生するんんだという、一つずつだ・・・。
気の遠くなる作業をしていました。
海外との繋がりのある人達は、支援金をなんとか手に入れる事が出来る、でも、それがない人達は、
本当に何もない。
繋がりのある人達でさえ、政府が管理してるから多額なお金は難しいと今もいう。

・ネパール滞在中のニュースでは、地震直後に海外からの物資が大量に運ばれていたが、
それが今腐って捨てたとニュースで流れていた。。。
e0111396_0154118.jpg


・今回トレッキングでポータで来てもらったラージクマール。
e0111396_0155944.jpg

彼の村には、ドルポ基金での第1期(2015/5/28〜6/5)の募金を2015/6/5送金しました。
その時の報告は、こちら・・・。
http://prayfornepal.wix.com/dolpo#!report/c21jb
彼には、私個人のトレッキングでも数回お世話になったり、ツアー時のポータでも来てもらってました。
詳しく聞いてみると、政府からは、2015/6に一家に6000R、10月に15000Rが支給されたが、それ以来政府も海外からの支援なしとのことでした。
(ネパール人の一ヶ月の給料は、平均10000R前後)

今回、第3期ドルポ基金を持ってきていて、出発前からどうしようかと思ってました。
一部しか見れてない、聞けてないが、そんな中で思ったこと、感じたことは、
ローカルはまだまだだった・・・。

私も同じくローカル日本人として、彼を応援したいと思いました。
村を全部応援出来る資金は私にはないが、繋がりのある彼の家族を助ける事が出来るのではないか。。。
彼の両親の家。
e0111396_0235983.jpg

今、リアルにいるものは、何か?と聞いたら、トタン(屋根)だった。
その夜、ドルポ基金メンバーのSさんに電話で相談し決めました。
今回は、ラージクマールの家の再建に力を添えたいと思います。
全壊した彼の家。
e0111396_0164373.jpg

今、住んでる家。
e0111396_0354332.jpg


早速、報告が入りました。
Dolpo-hair Presentsツアーのネパール側会社のtendi sherpaが責任を持って活動し報告して頂きました。
e0111396_0174594.jpg

ラージクマールの家の屋根を作る為に、トタン を購入。
e0111396_0172259.jpg

12フィート(約36cm)× 30枚購入 ( 5枚で9650R)
9650R × 6 = 57900R
6フィート( 約183cm)を12枚購入
965R × 12 = 11580R
合計69480R

物資を村に運ぶ為のトラック代の15000Rは、ラージクマールに渡して、
合計 84480R

ドルポ基金の支援金88000円をネパールルピーに変えると、85360R。
85360ー84480= 残・880R
物資の移動中のモモとコーラなど、昼ごはんで使いました。

今後、彼の家が再建したらカトマンズから村まで歩いて見に行きたいと思います。
その時またご報告します。
ありがとうございましたー!
e0111396_023020.jpg

今後も引き続きトレッキング企画は続けて行きたいと思います。
少しずつではありますが現地へ確実に仕事が直接運べると思うし、私も楽しい^^
復興支援という名で、活動しておりますが逆なんじゃないかとやはり感じました。
ハングリー精神のネパールに力を貰ってるのは私の方です。
やっぱり好っきやなぁ〜ネパール!と思いました^^!
by talkeetna6194 | 2016-05-05 00:48 | Pray for Nepal ドルポ基金

日常への旅


by talkeetna6194
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31