Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

バラサーブ

バラサーブが、天国の山に旅立った。

e0111396_05329.jpg


私にとって偉大なヒマラヤの父・西ネパールの第一人者、トルボの父だった。

あまりにもショックすぎて、ここ一週間、泣きまくった。
一人になったら涙が溢れ出る、だから涙が乾くまで泣いてやろうと思った。

信じたくない、受け止めたくない現実が目の前に突然きた・・・・





バラサーブは、私の人生を変えてくれた、今の自分がいるのはバラサーブのおかげだ。
感謝しても感謝しきれないほどの存在だった。
慧海を追いかけ、Dolpoに憧れてきて、バラサーブと出会った。
一般の私が出会えるなんて、今思えば奇跡だった。
山の様々な世界の事、なーーにも知らなかった私を突然入れてくれた2007年のDolpo遠征。
私の最大の夢を叶えてくれた。
河口慧海師がヒマラヤを超えてチベットへ密入国した国境峠のクン・ラにて。
e0111396_285249.jpg

2009年の遠征も続いて誘ってくれて、ヒマラヤ横断という究極の山旅を教わった。
その経験は、私の最大の財産になっている、究極の場所で究極の山旅を教えてくれた。
バラサーブとヒマラヤを歩いた日々を昨日のように思い出す。
忘れられない、忘れたくない、忘れるはずがない。
e0111396_221375.jpg


お通夜でお焼香をあげた時、左手が痺れてきた。
私は、泣きじゃくってたので、あまり気にしてなかったが、最後の顔を見に会いに行った時もまたきた。
あれ・・・・、左手がおかしい、また痺れてきた。。。
そして、思った。
バラサーブが握手してくれてるのだろう、そうだ、きっとそうだ。
そう思う事にしよう。

それで、誓ってきた。

バラサーブが人生かけてヒマラヤに通って、人生かけて地図を作ってきた、膨大な資料を残している。
その地図を片手に、私は西ネパールに通いつめること決めた。
バラサーブの地を歩きたい。
e0111396_24128.jpg


いや、もうすでに、随分前から弟子入り宣言してきたから決めていたけど・・・・。
それは、このブログでもわかる、バラサーブには伝わっていた、良かった^^。
私が、Dolpo-hairをOpenした時、書いてくれている。
http://plaza.rakuten.co.jp/typhoondolpo/diary/201102030000/

何がなんでも通い続ける、バラサーブの経験と知識には足下にも及ばないが・・・・
情熱だけは、受け継ぎたい!

いつもこうして地図を見て、メモを取ってる姿が好きだった。
e0111396_1511350.jpg


冒険と探検の世界を教えてくれた、偉大なバラサーブ。
私の心の中に永遠に生きる。
e0111396_1513836.jpg

このポーズは、英国の仏教学者・スネルグローブの真似^^
by talkeetna6194 | 2014-09-29 02:10

日常への旅


by talkeetna6194
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31