Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

雅龍君の出版記念を終えて

雅龍君の出版記念・関西ツアー?!は、無事に終了しましたー!
e0111396_163332.jpg

京都・大阪心斎橋&富田林と、三日間連続でした。
連続で来られてる方もいたし、遠くからの方もいたし、凄いね〜〜!
本当にありがとうございました!

そして、雅龍君、お疲れさまでした。
講演に慣れてるとは言え、内容を全部変えて大変だったことでしょう。
また新たなネタ?!を聞けて楽しかったし、ヤル気が出たよ〜〜^^

何の?!!笑!! それは、自分自身への夢っすよ、やっぱりね^^!

ありがとう〜〜!

私も来年、また、自分の夢の続き、追いかけまっせ^^!

今年は、色々考えてるうちに、もう10月になってしまった・・・笑
はっやいねーー、いつもは、考える前に行動してたんだけどね、今年は何故が考えた!
それは、やっぱり、リアルに年齢だったのかな?!^^笑!!

10代、なんにも考えてなかった、ただやりたいことだけやって、毎日が楽しかった。

20代、考える前に行動に移してた、、行動することで考える暇なかった・・・笑

30代、考える星がない!!って言われた・・・爆!どっかの占い師に・・・笑。
    直感で動くタイプ、考えることが出来ないでしょーって、、なんて失礼な・・・!

そしたらね、30代で最大の夢が次々に叶っていった、あれ〜、これは凄いや!
自分が想像すること、全部叶っていくんだよ、嘘みたいやったよ、目の前にバンバン出てくる。
死を想像した時には、死まで現れたからね・・・さすがにビックリするで・・・。
夢が叶いすぎて、いつ死んでもいいや、って思ったんだ。
それじゃ、ほんまに死んでしまった、、、笑
今だからネタになるけどね、当時は周りが大変だった。
私は、意識がなかったからその感覚ないんだけどさ、3日間意識不明やった。

想像するって言っても、たた想像するだけじゃないんだよね、私のルールがある。

そして、39歳ね、去年ね、私にとって究極の場所で究極の旅が出来た。
大満足ーーーーーーーーーーーー!!
っと、思っていたんだけど、ゴールした時、無だったんだ。
あっれ?!めっちゃ期待してゴールしたんやけど。
その時の動画も一人で撮ってる・・・笑
??????????????
その時は、ゴールしたのは感激だったんだけどさ。
もう一人の自分がいてね、無だったんだ。
なんでやろ!?って思ったら、
もう一人の自分が北上しろって言うんだ。
そう、まだ行けてない地域が、私には残っている。

明日、去年の遠征隊Himalkoketi仲間がでヒマラヤに行く。
私も便乗したかったけど、正直迷ったけど、、
しかし、私には北上しろっが、気になって仕方ない・・・^^

なので、ひとまず、そこに行く、久々に一人で行きたいと思った。
ずっと行きたかった、でも、その前にDOLPOに行けちゃったから、ずっと行けずだった。
もう、最初に行きたいと思ってから10年はたってしまったけど、やっぱり心残りなんだ。

だってね、そこ、自分が生まれた、って思ったんだなぁ^^笑!
遠くに見えた時、胸騒ぎがして、
近くに到着した時は、もう身体全身が熱くなって意味もなく涙が出て血が騒いだ。
ずぅーずぅーしいけど、私はここで生まれたんだーっと、意味もなく、身体がそう言った。
言わゆる自分の聖地であり、今流行の言葉で言うとパワースポット?!
軽くなるからメチャ嫌やねんけど・・・笑。
パワースポットとは、自分で見つけるもんやと私は思う、なんか色々出過ぎやろ・・・。
人それぞれ違うんだから、自分のアンテナで探そうって思うね。
だから、そこを北上して歩きたいんだよなー、一人で^^!
ガイドは、つけやなあかん地域やから、ネパリは誰がいるやろうけど。
浸りながら歩きたい^^

そして、その先の夢もまた想像してるよ、でも、それは思いがまだまだ足りない。
そうそう半端な気持ちではやれない、準備がいる。
想像してはいるんだけど^^
40代、もう一歩前進した旅を想像する、これ、出来たら面白いー!
この歳にきたからこそ、やる意味があるんじゃないかと思う。

話が自分の事ばっかりになってしまったけど・・・笑
彼の話を聞いてるとヤル気が出てくるんだよ^^

写真のアップは、明日に・・・。
何故かエラーになってしまう・・・。
by talkeetna6194 | 2013-10-08 02:41 | 日常日記

日常への旅


by talkeetna6194
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31