Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

帰国後日記

あれよあれよと一ヶ月以上たつやん~
色々してたらあっちゅーーまに過ぎていった。
まだやらなあかんこと、たんまりたまってるけど~
んで、ネパール日記が進んでない中、帰国後日記を簡単に記録しておこっ!

11月15日

紅葉に間に合うかなー?!雨っぽいけど、とりあえずどこか紅葉を感じに山に行ってみた。
大峰山系・稲村ヶ岳。
残雪時期に行ったことがあって、紅葉もよさそー!
そして、家から近めってのが楽ちんな場所でもある。
天気微妙やったので、山小屋でUターンした。
ガスってる山、森も好きやねんけど、今回はなんだか怖かった・・・笑
一人やったら吸い込まれそうな迫力を感じたのは、なんでやろ?!
でも、落ち葉トレック良かった。
今度は、ベストシーズンに歩きたい。
e0111396_21105569.jpg


11月22日

病院DAY!
今の先生になって一年が経つ。
何回目かなーー、先生を変えたのは・・・笑
リウマチになって19年?!
イヤだと思ったらすぐ変えてしまう性格でして・・・笑
今んとこ気にいってるっ^^
最近は、45日に一度点滴治療をしている。
以前は、一泊二日の入院やってんけど、病院が変わって日帰りで出来るようになった。
M病院は、最新の設備があるらしい。
なので、検査結果もはやい~!!
ヒマラヤ行く前に点滴打ったので、今回は検査・診察のみ。
っで、血液検査結果は~!!!!!!!!!!

OKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOK!
めっちゃええやん、正常値です^^

今の治療がかなり効いている、去年の今頃と180度違う。
去年の今頃は・・・・もう・・・・言葉にならんぐらいの激痛の嵐が何度もあった。
ここ数年見たことのない最悪な検査結果やった。

このまま一年正常値をたもてたら~、点滴をやめれるかもしれない!!
おおおおおおお~!!!!!!

それを聞いた瞬間・・・・、またアホな夢を思いついてしまった!
まだ、それは、ここでは・・・、明らかにしませんけど・・・笑

っで、レントゲン結果は・・・・

まずは手、来月が足。


e0111396_21325951.jpg


手首、まっしろーー!!
イカレテル証拠なんだけど・・・笑
軟骨がなくなって骨がくっついてる!
でも、これ、ラッキなことに綺麗にくっついた。
だから変形してる風に見えない。
このくっつくまでの10年間がキッツかってんけど、くっついた方が痛みが減った。
かなり減ったから、途中から早くくっ付けと思っていた・・・爆
普通は、ひんまがるんだね。
そして、これまたラッキーなことにまだ指も綺麗、少しだけ見つけたけど・・・
ま~まだもつだろうと思う^^
実は~、今の先生には、手術を進められた。
でも、まだええやろ!!って私は思う。
なので、来月はリウマチの手の専門の先生にみてもらう予定。

11月23日

ヒマルコメンバーで山行こう~ってことで、日にちがあった3人で行った。
天気微妙やし、クライミングは微妙でしょうってことで、行った場所はダイトレの続き。
想像以上にサブかったーー!!
っで、祝日やし、山ガール発見!!
おおお~~みな可愛い感じでしたん。
ヒマルコメンバーは、みな山岳会所属なので、山屋の姉さん。
やっぱちゃいますよ””
わたしは、いったいなんやろな?!
新しい部門でも作ろうか?!!^^
e0111396_21455942.jpg

ダイトレ終了、全部つなげれましたーー!!
ありがとうございましたーー^^

11月29日

ヒマラヤツアーに参加してくれた旅マニアのHが遊びに来てくれた。
彼女は、かなりの国をまわっていて雑学王であって、太極拳がめちゃうまい!
そして、最近お世話になりまくってるTちゃんも遊びにきた。
金剛トレック~!
紅葉は終わっているけども、山頂のお寺にお土産渡せれた。
金剛で一番好きなポイントをチラ見~!
e0111396_22132974.jpg


下山後は・・・みんなで市内へ!

ボム・サム来日!!!

e0111396_2154203.jpg


<ボブ・サム プロフィール>

神話の語り部(ストーリー・テラー)
南東アラスカ・シトカ生まれ。
アラスカ先住民クリンギット族の神話の語り部。
クリンギットの長老たちにから古から伝わる神話の語り部として選ばれる。
祖先が眠る荒れ果てた墓地を長年に渡って元に戻す活動を二十年以上続けており
今も時間が許す限り墓地の清掃などを行なっている。
また、様々な政策によって地元から持ち去られた祖先の遺品や遺骨の返還運動にも取り組んでいる。

ボブ・サムは、1996年に急逝した写真家 故・星野道夫の著作にしばしば登場する、アラスカ先住民クリンギット族に伝わる神話の語り部です。
彼は神話や伝統文化を次世代に繋ぐために精神的な活動を長年にわたって続けて来られた方です。

通訳は・・・
フォトギャラリー・サイ代表の赤阪とボブ・サムは1996年から親交があり、2000年のクリンギット族とアイヌの神話の交流を果たした『神話を語り継ぐ人々』(北海道、熊野、東京にて実施)及び星野道夫氏のメッセージを次世代へ繋ぐことを祈念した2008年のトーテムポール・プロジェクト(アラスカ・シトカにて建立)など
活動を共にしてきた盟友でもある、神話を含めて赤阪が通訳をいたします。
http://photo-sai.com

何度か来日をしてたのは知っていたが、以前はタイミングがなかった。
会えるときは、会える、そういうタイミングなんだと思っていた。
今回は、ナイスなタイミングできた^^
アラスカに行ったのは、9年前。
星野道夫の世界にどっぶりはまった頃があった。
アラスカの本をよみあさった、写真を見まくった。
今でも忘れられないことがある。
いつかまたアラスカをガッツリまわりたい、そしてあの島へと!!
って、思っているんだけど、ヒマラヤからなかなか抜けれない自分がいて・・・
でも、また絶対必ず行くと決めている^^
あーーーーー早く行きたくなった。
どうしようーー笑

ボム・サムは、独特な雰囲気をもっていた。
想像通りだった。
ボム・サムがいるだけで精霊があつまってくるような感じだった。

心がうずうずした。
魂の旅に出たい。

e0111396_2216125.jpg

by talkeetna6194 | 2010-11-30 22:10 | 日常日記

日常への旅


by talkeetna6194
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31