Denali

denali6194.exblog.jp ブログトップ

前鬼

前から行ってみたかった、前鬼。
修験道に興味があり、この辺りはちょいちょい行っている、夏だから沢登りをしてみたかったけど、この時期はもう冷たい・・そしてウエット持ってないから前鬼トレッキング!

役行者
634年に大和国葛城上郡茅原(現在の奈良県御所市茅原)に生まれる。

生誕の地とされる所には、吉祥草寺が建立されている。
17歳の時に元興寺で学ぶ。
このとき、孔雀明王の呪法を学んだと言われる。
その後、葛城山(金剛山)で山岳修行を行い、熊野や大峰(大峯)の山々で修行を重ね、金峯山(吉野)で金剛蔵王大権現を感得し、修験道の基礎を築いた。

今、その金剛山中に住んでる、ってことで、興味あり!
興味をそそられると、どこへでも行きたくなる性格でして、前日イベント疲れが残っていながら、相方と夜中に決め、早朝出発した。

いつも運転担当していたが、今日はナビ担当。
これが失敗、道間違えたーー笑・・・
笑ってられない、このタイムロスが、後でめっちゃヒビクのだ・・・

前鬼へ行くまでに見晴らしの良い車道から見えた。
e0111396_034337.jpg

ズーーーーーーーッムーー綺麗~!!
e0111396_0352676.jpg

お~テンション上げ上げで^^スターっトするが・・・。
橋を渡ってる最中に・・・イッターーーーーーイイーー
e0111396_0365066.jpg

蜂に刺されたのだ!びっくり~最初はアブかと思ったが、痛すぎた!?
あまりにも痛い私を見て、何に刺されたかチェックしに橋の下を見た。
そしたら蜂の巣を見つけて、その周りにブンブン飛んでるのを見つけた。
まじっすかーー!!痛すぎーそれを聞いたららもっと痛くなる・・ズキズキジンジン・・・痛いよ・・・痛いよ・・・痛いよ・・・・。
相方は、いきなり注射器?みたいなのを出して、毒抜きをてくれた。
あり、こんなの、持ってきてたん?!
いつも準備が良いよね~、私と違って・・・笑
ファーストエイド、いつも必ずもっている、あらためて感謝!そして勉強させられる。
私も最近はやっと?リュックの底に忍ばせるようになったけど、この毒抜きは持ってない、夏山にはいるわーー、これなかったら毒まわってたかもしれへんよ!!
e0111396_0391619.jpg

まだ痛いがそのまま進む、毒抜いたし大丈夫だろう~、まだ痛いけど。。。
気も持ち直して、テクテクあるく、今日は身体が軽いわ~、酸素が濃いーー!!
そう、これ、ほんまに思った、酸素がいっぱい~~^^
e0111396_0494249.jpg

ヒマラヤでは4000ラインで、峠は5000前後だったから、登ってる時の身体の間隔が全然違うのだ、こんなに実感したのは初めてだった。
面白いーーー^^^^身体の軽さにびっくりする。
だから陸上選手は、高所トレーニングするのかなーって思った。
今回は、時間が少なかったから急ぎぎみで歩いて、到着~!
ひゃーーーきれい~!
水垢離(みずごり)
e0111396_05671.jpg

ちょこっと休憩してドンドン進む、ほんと今日は身体が軽い~!
相方にも、足、強くなったんじゃない?!と、言われた~!
ヒマラヤで歩いたあの一ヶ月は、この一年歩けなかったぶんを一気に歩いたようなもんだったのだ。
だから、ちょっと前より強くなったかも^^^^^^^^^^^
e0111396_0513073.jpg

この辺りから道がわかりにくい、帰りが危ないなー、天気悪くてガスったらほんと一気に危なくなるポイントだった。
ギリ到着、ここが裏行場と言われてる三重の滝。
10~15分で写真だけ撮ってすぐ下山。
e0111396_145511.jpg

e0111396_185633.jpg

急ぎながらもええ感じの木があると気になってしまう、、、
e0111396_193238.jpg

ここからですわ、道が怪しくなってきた。
テープが古いのと色が違うのと、ごちゃ混ぜになってきて、あれーーここ通ってない??よ!!
道を見失ったかも?!テープを追ってきたけど、おかしくない?!
ってことで、時間も迫ってきてたので方角チェックして沢に下りた。
沢を渡らなければならないから、そのポイントを探しに行った。
たぶんこの前後にあるはずだ~。
私は待つ方、待ってる間、もしかしてビバーグか!?
お菓子食べたかったけど、それを考えると後に残して置こう。

こないだのヒマラヤでもこんなことあったな~。
あの時は、バラサーブと二人だった。
渡渉するには難しく、壁をトラバースしていった。
しかし、私は最初その壁にビビッてしまって、最初の一歩が出なかった。
登山靴では滑りそうや・・・ここ落ちたら・・・って。。
バラサーブは、サクッとクリアーしていったけどね。
私は、ビビッてしまったーーダメだね・・
でも、やるしかなかったので、なんとか頑張ったらなんとかなった。
その先は、また・・・・

木はたくさんあるから焚き火出きるし、沢だから水もあるし、ブランケットでチェルトにもなるし、この一瞬でいっぱい頭ん中考えた。
すると壁を登りはじめて沢を巻いて上に登っていった相方が戻ってきた。
小さく見えるかな?
e0111396_1205480.jpg

ここを渡渉して壁を登っていったら、道がみえてきた。
ヒマラヤみたい~っと楽しくなったけど、壁で滑りかけて・・・笑
真剣にトラバースした。
e0111396_1152087.jpg

この後は、ダッシュぎみで下山。
日が落ちる前に間に合った。
これが蜂の巣、刺されたから橋は渡らず渡渉した。
っで、最後の最後に滑って靴ごと川に突っ込んだーー笑
ほんま、渡渉が苦手な私である、ヒマラヤでも何度も思った。
渡渉のトレーニングしないといけないな。。。
e0111396_128517.jpg

前鬼トンネル~
e0111396_1332279.jpg

帰りダムの側を帰っていたら、ポクスムド湖を思い出した。
e0111396_1345540.jpg

ポクスムド湖
e0111396_1355813.jpg

似てるように見えるけど、似てないよーー笑・・・
ポクスムド湖、信じられない美しさですから!!

今日、やっと全部の写真が出来る、まずはデーターチェックから~!
by talkeetna6194 | 2009-08-19 01:19 | 日常日記

日常への旅


by talkeetna6194
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31